andropならではの意外性と遊び、そしてアナキズム

伊藤 さて話をandropに戻しますが、彼らのことは知っていましたか?

山口  クールなイメージがきちんと打ち出せているバンドですよね。僕もデビュー前から注目していました。

伊藤 バンドにはBOØWY世代、ミスチル世代、BUMP(OF CHICKEN)世代、RADWIMPS世代があるって勝手に思ってるんですけど、彼らはRADWIMPS世代だなって印象です。ただ、その中でも削げるものをできるだけ削いだ、ソリッドなカッコ良さを持ったバンドだと思います。もしかしたら次の世代への扉をノックしているのかもしれない。

山口  音楽性で勝負するギターロックバンドって、最近は、宣伝の仕方が難しいんですよ。andropは、着実に伸びていったなという印象です。

伊藤 andropといえば、ジャケやMVが話題ですよね。もうアートワークが宣伝ツールという枠をぶっ飛ばしてしまっていて、全部ひっくるめてのandropというバンド。いやもうバンドというよりはクリエーションそのものというべき存在。

山口  クリエイティブな総合力があって、一定の方向のイメージで、ファンやメディアの人たちに対して、メッセージを発信し続けないと、バンドは成功しませんね。

伊藤 なるほど、彼らはその方向にブレがないように感じますね。今回の楽曲の方は、タイトルからいってドラマのための書き下ろしなんだろうけど、タイアップはタイアップとして受け止めつつ、しっかり尖った曲になっている。冒頭に入っているタイプライターのキーを叩くような音もそうなんだけど、サビ以外の所に終始入っているBuzzyなサウンドや媚びないmixはカッコイイ。「誰よりも前でやっていたい!」そんな声が聴こえそうな音。

山口  一時期ほどではないですが、地上波テレビのドラマというのは、影響力が大きいですからね。ドラマの主題歌というのは、ライブシーンから、一般層にandropが広がるチャンスです。気合いが入っていると思います。

伊藤 でしょうね。その意気込みは音からも聴こえてきます。あと歌詞も面白いですね。他のクリエイティブ同様、やっぱりどこか歌詞だけで成り立たそうという意識を感じなくて、歌詞もあくまでもクリエーションの一部。だから突出した主張よりも、どう他との折り合いをつけつつ、どう構築された世界を作るかを考えているように感じます。

山口  どの辺からそう思いましたか?

伊藤 例えば、Aメロの最初の3行に連続して「」という言葉が同じメロディに乗せられていたり、サビの半分は「忘れないよ」のくり返しで作られていたり、andropならではの意外性と遊び、そしてアナキズムが込められている。ダサいことやりたくないけど、ダサいことやらないってだけじゃダサいから、気づかれないように“込めてみた”みたいな(笑)。

山口  なるほど。作詞家らしい視点ですね。

伊藤 でもタイアップがなかったら、あと1.3倍は良い詞を書くんだろうなぁ~とも(笑)。

山口  でも、こういう経験で才能は磨かれていく側面もありますよ。カップリング曲では、ライブステージを思い起こさせる曲になっていて、自分たちの姿勢をしっかり打ち出しているなと思いました。

 さて、そろそろ恒例の「作詞アナリスト伊藤涼の妄想分析」をお願いします。

伊藤 浴室の鏡の前に立つ自分。この小さくて湿った白い部屋には僕一人なはずなのに、鏡の中にはアナタが映っている。歯磨き粉や水垢の汚れがどこかの星雲のようで、その歪なアートの中心に僕がいて、こっち側の僕から見て耳の後ろにアナタの顔がある。血のように赤いだろうアナタの唇から覗く舌をほんのちょっと伸ばせば、僕の左耳を舐められるくらい、すぐ傍にいる。

 鏡の中の2人の後ろ側、つまり2人のバックグラウンドにはスライド映写機から放たれたような未来が見える。大きな木、優しい風、公園、カーディガン、お気に入りのスニーカー、青いソファ、黄色いマグカップ、自転車。そのもっと向こうには笑い声や繋いだ手、季節、家族も見える。とてもカラフルで希望に満ちている。僕はもっと先を観ようと目を凝らすけど、それはあまりにも遠すぎて……でもなんだかフワフワした感じで、きっと悪くない未来だ。

 焦点をアナタに戻すと、アナタは黒い涙を一筋滲ませている。こんなに綺麗なものに包まれているのに、だけど、アナタは灰色で無表情で。僕は急に悲しくなって、鏡の中のアナタの涙を拭おうとする。だけど、だけど僕の指が鏡に触れた瞬間、僕以外のすべてが宇宙に吸い込まれるように消えてしまう。真っ白に、未来もアナタも漂白されたシーツよりも真っ白に。深く深く悲しい真っ白に、すべてを遮断するようなべっとりと濃い真っ白に……。

山口  映像的ですね。映像作家と組んで、アザーMusic Videoを作ってください。

伊藤 (笑)

androp「Ghost」
ワーナーミュージック・ジャパン 2015年3月11日発売
初回限定盤[CD+GOODS]1,700円、通常盤[CD]1,000円(税抜)
■andropは、2009年にデビューした4人組バンド。2015年5月からは、全国36都市38公演のライブハウスツアーが決定している。音楽性のみならずアートワークの評価も高く、ジャケットデザインやミュージックビデオは国内外で多数の賞を受賞。本作の初回限定盤には、オリジナル・マルチストラップが付く。
■「Ghost」作詞・作曲/Takahito Uchisawa
■オフィシャルサイトURL http://www.androp.jp/

<次のページ> Galileo Galileiの若くて不器用なラブソング

2015.02.28(土)
文=山口哲一、伊藤涼