この記事の連載

 クリエイターが愛した部屋、クリエイションが生まれたホテル。特別なアドレスでは、歴史を紐解いたり、アートの域の調度品を崇めたり。パリならではの創造の館に滞在すると、イマジネーションが無限に広がる。

 今、泊まりたい“物語”のある素敵ホテルを5回に渡りご紹介。


15室の部屋に秘めた宝石や時計への思い

◆1, Place Vendôme(アン・プラス・ヴァンドーム)

[2023年冬オープン]

 パリで最も格調高いアドレスをホテルに名付けたのは、スイスのショイフレ・ファミリー。高級時計・宝飾品メゾン「ショパール」オーナーとして知られる家系だ。

 このホテルには同家の歴史へのリスペクトと芸術への愛、質へのこだわり、そして彼らのホスピタリティの世界観が体現されている。

 18世紀建造の邸宅の大改装を手がけたのは、クラシック建築と内装の第一人者ピエール=イヴ・ロション氏。

 青い扉を開くと、18世紀の石造り暖炉とジャン=ミシェル・オトニエル氏による巨大なムラーノガラスのネックレスが向かい合い、過去の遺産と現代の創造性が対話する。

 上階には、ライブラリー兼サロン。奥にはラウンジがあり、古書棚に見せかけた秘密のドアを開けるとシガーバーが姿を表す。

 天窓から差し込む光が色ガラスのモザイクを照らし出すベランダも美しい。部屋はクラシックからコンテンポラリーまでわずか15室ながら多彩で、宮殿かと見まごう豪華な“アパルトマン”もある。

 ホテルの名に敢えて「ショパール」と冠していないが、そこかしこにメゾンの歴史やクリエイションとの関連性を見つけることができるだろう。

1, Place Vendôme(アン・プラス・ヴァンドーム)

所在地 1  place Vendôme 75001 Paris
電話番号 01 55 04 55 00
客室数 15室 
料金(1室) 1,300ユーロ~
https://www.1-placevendome.com/fr/

次の話を読むまるで映画のセットのように世界観が統一された客室で憩う 「オテル・レルドラド・パリ」

← この連載のはじめから読む

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2024.02.01(木)
文=乗松美奈子
撮影=橋本 篤
編集=矢野詔次郎

CREA Traveller 2024 vol.1
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

Paris パリの煌めき

CREA Traveller 2024 vol.1

Paris パリの煌めき

特別定価1,800円(税込)

「CREA Traveller」2024 vol.1の特集は、「パリ特集」。