この記事の連載

 クリエイターが愛した部屋、クリエイションが生まれたホテル。特別なアドレスでは、歴史を紐解いたり、アートの域の調度品を崇めたり。パリならではの創造の館に滞在すると、イマジネーションが無限に広がる。

 今、泊まりたい“物語”のある素敵ホテルを5回に渡りご紹介。


パームツリーが茂る中庭で憩えるパリ唯一のホテル

◆Hôtel L’Eldorado Paris(オテル・レルドラド・パリ)

[2023年夏オープン]

 4ツ星のオテル・レルドラド・パリは、バティニョール地区の住宅街にある。オーナーは、数年前に同じく庶民的な10区にオープンしたプチホテル「Hôtel Providence(オテル プロヴィデンス)」で好評を得たフランス人トリオ。

 田舎にある作家の邸宅をイメージしたレトロな空間は、まるで映画セットのようで、ウェス・アンダーソンの映画『グランド・ブダペスト・ホテル』を彷彿とさせる。

 調度品は、籐の家具からテーブルウエアまで、一部の60年代ヴィンテージ家具を除いてほぼオリジナル。

 花や蝶、小鳥を描いたヴィクトリア調の壁紙や生地はロンドンの人気店「ハウス・オブ・ハックニー」で選ばれた。

 中庭には、紫陽花や椿、薔薇などが生い茂り、パリでは珍しくパームツリーもそびえ立つ。暖かな季節はもちろん、冬でもレストランの一部としてオープン。

 中庭の向こうには、4つの客室を備え、貸し切りイベントやディナーにも最適なパヴィリオンが。

 また、近所に住むモデルで作家・音楽プロデューサーのカロリーヌ・ドゥ・メグレ氏の協力により編集された、オリジナルミニガイドブックもこのホテルの自慢だ。

「オテル・レルドラド・パリ」の画像を全て見る

Hôtel L’Eldorado Paris(オテル・レルドラド・パリ)

所在地 18  rue des Dames 75017 Paris
電話番号 01 45 22 35 21
部屋数 26室
料金(1室)275ユーロ~
https://hoteleldoradoparis.com/

次の話を読む歴史的工房による調度品が溢れるアートの館「ル・グラン・マザラン」【今話題のパリ・五ツ星ホテル】

← この連載のはじめから読む

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2024.02.05(月)
文=乗松美奈子
撮影=橋本 篤
編集=矢野詔次郎

CREA Traveller 2024 vol.1
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

Paris パリの煌めき

CREA Traveller 2024 vol.1

Paris パリの煌めき

特別定価1,800円(税込)

「CREA Traveller」2024 vol.1の特集は、「パリ特集」。