この記事の連載

 このところパリでは新しいアートスポットや、これまでの施設をバージョンアップしたものが続々と登場している。魅力的なのは、そこにもれなく美味しい店が入っていること。

 観る楽しみと味わう幸福。その両方を叶えてくれる、とっておきの場所を5回に渡りご紹介しよう。

  今回は少しおしゃれして行きたい“ミュゼ・ドゥ・ニュイ”と素敵レストランをご紹介。オレンジ色の光に染まるパリの夜。大人っぽいムードを醸すナイトミュージアムと、その余韻を優しく包み込んでくれる美食の素敵空間へ。


2025年の休館前にぜひ足を運びたい

◆Palais de Tokyo(パレ・ド・トーキョー)
Bambini(バンビーニ)

 セーヌ川右岸、エッフェル塔の斜め向かいに位置するヨーロッパ最大級のコンテンポラリーアート美術館、パレ・ド・トーキョー。

 もしかしたら美術館という言葉は適当ではないかもしれない。というのも、所蔵品があってそれを展示しているというのとは違い、ここはコンテンポラリーアートがまさに生まれる場所。

 2万2,000平米という広大な空間を舞台に複数のエクスポジションが展開する。

 建物自体は1937年パリ万博のために作られたモニュメントで、その後は近代美術、写真、映像ミュージアムなどになり、現在のパレ・ド・トーキョーとして開館したのが2002年。

 世界的に見てもかなり斬新なコンセプトで、以来、パリの新しいアート発信地になった。

 さらにここは感度の高いパリジェンヌが集うレストランとナイトクラブがある場所としても知られた存在。最も新しい「バンビーニ」は、2021年のオープン。

 ピッツァの消費量は本場以上ともいわれるフランスだけに、美味しいイタリアンはおしゃれなパリっ子たちに大人気。陽気でセンスのよいインテリアを愛でつつ、大いに楽しみたい。

「パレ・ド・トーキョー」の全ての画像を見る

Palais de Tokyo(パレ・ド・トーキョー)

所在地 13 avenue du Président Wilson 75016 Paris
電話番号 01 81 97 35 92
開館時間 12:00~22:00(木曜 12:00~24:00)
休館日 火曜、年3回の休館日
入館料 12ユーロ

Bambini(バンビーニ)

電話番号 01 40 70 86 08
営業時間 12:00~15:00(土・日曜 12:00~15:30)、19:00~23:00 L.O.
定休日 無休

次の話を読む“生活芸術”アール・ド・ヴィーヴルの優雅を 五感で堪能 「オテル・ドゥ・ラ・マリーヌ」

← この連載のはじめから読む

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2024.01.22(月)
文=鈴木春恵
撮影=橋本 篤
編集=矢野詔次郎

CREA Traveller 2024 vol.1
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

Paris パリの煌めき

CREA Traveller 2024 vol.1

Paris パリの煌めき

特別定価1,800円(税込)

「CREA Traveller」2024 vol.1の特集は、「パリ特集」。