この記事の連載

 王室が守護した伝統技術、恵まれた自然環境、民族特有の美意識……。様々な幸運が重なって、タイはハンドクラフトの王国となった。

 刺繍、バスケット、そして青磁器。匠たちの物語をここに。3人の匠を3回に渡りご紹介。


エメラルドグリーンの艶やかな誘惑

◆Celadon(セラポット・カフェ・アンド・ギャラリー)

 セラドン焼は、タイ北部を代表する青磁器。向こうが透けて見えるのではないかと思わせるほどの透明感の虜になったコレクターは数知れず。

 セラドン焼の歴史は、今から約700年前のスコータイ朝にまで遡る。その技術はもともと、中国の陶工によって伝えられたものだという。

 木灰を主原料とした天然の釉薬を用いて高温で焼成するため、微量の鉄分が酸化して独特の緑がかった色を帯び、冷ます過程では、葉脈のような細かいひび割れ状の模様が現れる。それを、ガラス状の釉薬が包むことで、曰く言い難い艶やかな表情が生じるのだ。

 セラドンという言葉は、てっきりタイ語かと思いきや、フランスの作家オノレ・デュルフェが17世紀初頭に著した小説『アストレ』の登場人物の名が由来の色名だというから少し意外だ。

 2022年、セラドン焼ブランドの一つである「セラポット」は、チェンマイ旧市街から車で40分ほどの郊外に、ギャラリーとカフェを兼ね備えた施設をオープンした。

 隣接する工房では、10名に満たない少数精鋭の職人が、すべてハンドメイドで様々な種類の器を完成させる。

 特筆すべきは絵付け。繊細な筆先が描き出す細密な絵柄や文様は、緑あるいは青一色という旧来のセラドンのイメージを一変させる。

 手仕事の精華に囲まれながら過ごす素敵なティータイム。その帰途、あなたの荷物はきっと増えているはず。

「セラポット・カフェ・アンド・ギャラリー」の全ての画像を見る

Celadon(セラポット・カフェ・アンド・ギャラリー)

所在地 162 Moo.3, Pa Pong, Doi Saket, Chiang Mai
電話番号 096 154 1928
営業時間 10:00~19:00
定休日 無休
https://www.celapot.co.th/

← この連載のはじめから読む

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2023.06.16(金)
文=下井草 秀
撮影=佐藤 亘

CREA Traveller 2023 vol.2
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

CREA Traveller 2023 vol.2

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

特別定価1,500円 (税込)

「CREA Traveller」2023 vol.2の特集は、「目醒めのタイ」。