この記事の連載

#02 ねぼけ「鯨はりはり鍋 2人前」

 土佐料理専門店の鍋。

「鰹出汁のスープにたっぷりの野菜、そこに鯨をしゃぶしゃぶしていただく。透き通るような真っ白のウネスはコリコリの食感が楽しい」(ぽんさん)

ねぼけ

電話番号 03-3585-9640
営業時間 11:30~21:00
定休日 土・日曜、祝日
賞味・消費期限 冷蔵3日
https://www.tosakatsuo.com/
※通販のみ

#03 味坊集団「涮羊肉(しゅわんやんろう) ご家庭満喫セット」

 好みの野菜や春雨、酸菜(白菜の漬物)を加えても美味。中国東北地方の家庭料理店・味坊の、体が芯から温まる羊のしゃぶしゃぶ鍋のセット。

「ラム骨をじっくり煮だしたスープは、自社工場で羊の解体を行う味坊だからこそできる本格派」(松浦さん)

味坊集団

電話番号 03-5831-5800
営業時間 10:00~17:00
定休日 土・日曜、祝日
賞味・消費期限 冷凍3カ月
https://www.ajibo.jp/
※通販のみ

●教えてくれたのは……

松浦達也(まつうら・たつや)さん
フードアクティビスト

食をテーマに幅広く執筆・編集。テレビで食トレンドの解説も。著書に『教養としての「焼肉」大全』(扶桑社)など。
嬉しかった贈りもの:似顔絵イラスト入りのエプロン。


わたなべぽんさん
マンガ家

山形県生まれ。シリーズ累計45万部突破の『やめてみた。』(幻冬舎)など日々の暮らしと心に効くコミックエッセイを発信。
嬉しかった贈りもの:農家さんから届いた新米。

次の話を読む【お酒とおつまみがあれば他に何も】 贈っても、もらってもうれしい各4選 今トレンドのお酒&おつまみばかり!

← この連載のはじめから読む

集まりたくなる ごちそう

2023.02.07(火)
Text=Kaori Minetsuki
Photographs=Keiichiro Muraguchi
Food coordinate&Styling=Nobuko Nakayama

CREA 2023年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

100年超えの名品から、最旬SDGsアイテムまで贈りものバイブル

CREA 2023年冬号

100年超えの名品から、最旬SDGsアイテムまで贈りものバイブル

特別定価960円

「CREA」2023年冬号は「贈りものバイブル」です。大切だからこそしばらく会えなかったあの人に、一年間頑張った自分に、贈りたいのはやっぱりいいもの――時を越えて愛される名品の数々です。2023年、文藝春秋は100周年を迎えます。そこで今回は、100年以上続く老舗の名店や、未来へと伝えたい価値観を掲げる新店などから、選りすぐりのギフトをご紹介。あなたのホリデーシーズンが、最高にハッピーなものになりますように!