ジュエリーを贈るような気分で選ぶ
ラミー ルクスの万年筆

青山さんがたびたび訪れているラミー青山店。新しいデザインや色に惹かれ、自分用に購入することも。ラミーの詳しい情報はコチラ

 海外留学や赴任の経験が多い青山美恵子さんは、国内外を問わず、さりげない贈り物でコミュニケーションを豊かにする達人です。

「だいぶ以前になりますが、名前入りの万年筆を頂いたことがあってとても嬉しかったんです。もちろん、今も愛用中。文字を書く機会が少なくなってきた今だからこそ、万年筆は大事なお手紙を書く時に背筋の伸びるような特別感があって気持ちいいんですね。以来、筆記具を贈ることが増えました」

 そんな青山さんが贈り物を探しに出かけるおすすめのショップが、ラミー青山店。ラミーは、ドイツ、ハイデルベルグ生まれの筆記具ブランドです。モダンで独創的なデザインが特徴で、世界中のデザイナーがコラボレーションを行い、斬新なペンが続々と誕生。新しいモデルが登場するたびに、いち早く入手する熱烈なファンが世界中に存在するほどの人気で、青山店はドイツ国外初の路面店として昨年オープンしたばかりです。

お気に入りが見つかったら、その場で試し書き。万年筆ならではの爽快な書き心地が、今また幅広い年代に人気上昇中です。

「カラフルなサファリシリーズは目移りするほどの鮮やかな色合いで、カジュアルな贈り物にぴったり。そして、今いちばん注目しているのは昨年登場したルクスシリーズ。上品なメタリックカラーは、まるでジュエリーのような美しさなんです。私自身のお気に入りはゴールドですが、女性への贈り物なら断然ローズゴールド。贈った相手から、『人前で使ったら素敵だと褒められた』という声を聞くと嬉しくなります」

軽いアルミ素材の軸とメタル素材を組み合わせ、上品な輝きの1本に。ラミー ルクス 万年筆(専用ケースつき) 8,000円。

 万年筆の書き心地のよさもお墨つき。ショップにはたくさんのシリーズが並び、万年筆の他にローラーボールやシャープペンシルも。価格も1,000円程度から7~8万円の高級ラインまでバリエーション豊富なので、どんな贈り物にも最適の1本が必ず見つかります。もちろん名入れにも対応してもらえるので、気の利いた贈り物を選ぶときの切り札として頼りになること間違いなし。

LAMY Tokyo Aoyama
所在地 東京都港区北青山3-5-8
電話番号 03-6721-0771
営業時間 11:00~20:00
http://www.lamy.jp/

<次のページ> ベル アメールのパレショコラ

2017.11.10(金)
文=嵯峨崎文香
撮影=釜谷洋史