目力と野望で挑んだ、主演ドラマ「となりの関くん」

――ちなみに、マッシュの髪型もかなり個性的ですよね。

 僕自身ひねくれているところもあって、野球部時代の丸刈りから伸ばしていくときに、みんなと同じような髪型にしたくないと思っていたんです。それで弟が美容師志望だったこともあり、オーディション前に切ってもらったんです。本当は前髪を斜めに切ってもらう予定だったんですが、間違えて前髪パッツンのマッシュになってしまったんですが、意外に自分に合っていて、「これだ!」と思ったんですよ。

――現在放送中の人気コミックを原作にしたドラマ「となりの関くん」。渡辺さんが演じている関くんは言葉を発せず、教室の机上で、いろんな作業をしているという難しい役どころですよね。

 正直なところ、主演という二文字が自分に付くとは思わなかったので、主演が決まった嬉しさよりも、これは困ったなと……。ですが、セリフがない難易度が高い役ではありますけど、僕みたいな名前も知られていない俳優が、スゴい人気の原作のキャラクターを演じることに対する野望みたいなものがわいてきました。

――ちなみに、どのようにして、演技プランのようなものを考えましたか。

 原作に、表情などの完成形があるので、それと台本を見比べながら作っていきました。とはいえ、お芝居というものは自分の持っているものしか出せないと思うので、僕の武器である目力を大事にしています。あと、セリフがないぶん、いつもより大きめにリアクションしてみようと思いました。

<次のページ> 監督の声だけが響く、シュールな現場

2015.08.07(金)
文=くれい響
撮影=山元茂樹