この記事の連載

 アジアのレストランランキングに、バンコクの評判店が常連として顔を出すようになって久しい。今や感度の高い世界のグルメは、こぞってこの街を目指す。いざ、風味絶佳の桃源郷へ。

 王道のタイ料理の他、フレンチやインド料理などがバンコクで楽しめる、至福のレストラン6軒を6回にわたりご紹介。


国民的詩人も愛した伝統料理を味わう

◆Saneh Jaan(サネー・ジャン)

 伝統的タイ料理を優雅に堪能するなら、迷わず行きたいのがこちら。モノトーンを基調としたシックな店内にはタイの寺院や宮殿の写真が並び、興味を誘う。

 料理だけでなく、雰囲気、サービスのどれもが心地よい店は、文化人をも魅了した。店内で目に入るのは、壁に記された詩の一節。

 タイの国民的な詩人、ナワラット・ポンパイブーン氏がこの店のために書き下ろしたもので、「この店の料理は母の手作りの味。一口一口に心を込めて作っている」という意味なのだそう。

 ここはタイでいち早くオーガニック食材を取り入れた店でもある。自家栽培のハーブやスパイスを多用した料理は、奇をてらわず、タイ本来の味を踏襲し、メリハリがある。改めて、この国の食の楽しさを感じることができるだろう。

 店名は伝統菓子に由来する。卵やココナッツ、ナツメグを加えて作るシンプルなそのお菓子は、“トラディショナル・ゴールデン・デザート”で。和菓子のようなほっとする味だ。

Saneh Jaan(サネー・ジャン)

所在地 130-132 Wireless Rd., Lumpini, Patumwan, Bangkok
電話番号 02 650 9880
営業時間 11:30~14:00、18:00~22:00
定休日 無休
https://sanehjaan.com/

次の話を読むアジアでナンバーワンのレストラン タイ・バンコクの「ル・ドゥ」は タイならではの四季を皿の上で表現

← この連載のはじめから読む

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2023.06.28(水)
文=芹澤和美(Journal House)
撮影=志水 隆

CREA Traveller 2023 vol.2
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

CREA Traveller 2023 vol.2


究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

特別定価1,500円 (税込)

「CREA Traveller」2023 vol.2の特集は、「目醒めのタイ」。