この記事の連載

 ニューヨークがニューヨークに戻った。五番街やタイムズスクエアには以前のように人が溢れ、もはやマスクで顔を覆っている姿は見かけない。全米から、そして世界から観光客が訪れている。

 パンデミック中でさえも新しいホテルはオープンを続け、現在様々な新しいホテルが扉を開いている。パンデミックを経て、ニューヨークのホテルは以前よりも自然と共存していく方向にシフトして、人々が安らぎを求めるようになった。

 その新しいニューヨークの次世代ホテル3軒とマンハッタンから車で約2時間半の美しい自然を楽しめるホテル1軒を4回に渡りご紹介。


手つかずの自然が美しいエコシックなホテル

◆Piaule Catskill(ピアウル・キャッツキル)

 マンハッタンから約2時間半、山道を車で走っていくと、さりげない看板がある。「ピアウル・キャッツキル」だ。

 緑の中に点在するのはキューブ型のキャビンだけ。レストランとスパやプールを備えたメイン棟は少し離れたところにあり、キャビンにいる限り、他人と接触することもない。

 20万平米を超える敷地のうち、ホテルが占めるのは、わずか1割で、あとは手つかずの自然が広がる。

 創設者はインテリアブランド「ピアウル」のクリエイターで、ミニマルな美意識を貫いている。

 ホテルの建築設計は、サステイナブルなプレハブ住宅設計の先駆者として数々の賞に輝くギャリソン・アーキテクト社が担当。

 キャビンは支柱で地面に直接つかない設計で、自然の土を守っている。ベッドリネンやタオルはオーガニック綿だ。

 ピアウルの魅力は、そのミニマルな佇まいと、シンプルな過ごし方。

 ここには遊具もバーベキュー台もない。あるのはハイキングトレイルと目の前に広がるキャッツキルの山だけだ。子どもは同伴しないよう推奨されている。

 プールの目の前には美しい山が広がり、半日をサウナやスパで過ごしたくなる魅力に溢れている。

 キャビンからの眺めは一棟ずつ違い、ひっそりと森の中に隠れているようだ。ここにあるのは何もしないことを選ぶ贅沢。ただ静寂に抱かれてほしい。

Piaule Catskill(ピアウル・キャッツキル)の全ての写真を見る

Piaule Catskill(ピアウル・キャッツキル)

所在地 333 Mossy Hill Road, Catskill, NY 12414
電話番号 +1 518 719 1919
キャビン数 24棟
料金 1棟 399ドル~
※レストランのディナーは木~日曜のみ
https://www.piaule.com/

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2022.12.30(金)
文=黒部エリ
撮影=野口正博

CREA Traveller 2022 vol.4
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

HOTEL 愛しきあの街のホテルへ

CREA Traveller 2022 vol.4


HOTEL 愛しきあの街のホテルへ

特別定価1,400円 (税込)

「CREA Traveller」2022 vol.4の特集は、「愛しきあの街のホテルへ」。