この記事の連載

カリフォルニアのスターシェフが手掛ける「スパーゴ・バイ・ウルフギャング・バック」

 カリフォルニア料理の「スパーゴ・バイ・ウルフギャング・パック」は、ニシャンタシュ地区随一の高級ホテル、「セントレジス・イスタンブール」の最上階にある。ミシュランガイドにも紹介されている高級レストランだ。

 オーストリア出身のウルフギャング・パックは、モナコやフランスの三ツ星レストランで修業を重ねた後に渡米。カリフォルニアの名店で更に研鑽を重ね、1982年にハリウッドに「スパーゴ」をオープン。窯で焼くデザイナー・ピザや、フレンチをベースにしたフュージョン料理で人気を博した。

 その後、次々とレストランをオープンさせ、現在はアカデミー賞授賞式後のパーティーの総責任者も務めている。テレビの料理番組ではエミー賞を受賞。料理人としてはレストラン界のアカデミー賞と言われるジェームズ・ビアード最優秀シェフ賞の受賞をはじめ、数々の受賞歴を誇る。

 レストランへは、「セントレジス・イスタンブール」のロビーを抜け、エレベーターで最上階に上って行く。スタイリッシュなライティングのワインセラーの横を通ってテーブルへ。そのアプローチが気分を上げてくれる。

 屋内とテラスがあるが、眺めのいいテラス席が人気だ。ランチタイムにはボスポラス海峡まで見渡すことができ、ディナータイムではイスタンブールの夜景が美しい。

 メニューは、ビーフテンダーロインのグリルや、ラムステーキ、ローストチキン、砕いたアーモンドを載せたサーモン、大エビのグリルなど。サイドメニューのグリーンアスパラのソテーや、クリスピーフレンチフライも、カリフォルニア料理らしい美味しさだ。

 ドレスコードが「フォーマル」なので、ロングドレスとはいかないまでも、ワンピース程度は用意したい。テラスでトルコのセレブに遭遇するかもしれない、サプライズを期待できるレストランだ。

Spago by Wolfgang Puck (スパーゴ・バイ・ウルフギャング・パック)

所在地 Mim Kemal Öke Cad. No:35 Nişantaşı - Şişli, Istanbul
電話番号 212-368-08-08
https://spago.thestregisistanbul.com/en/

【取材協力】
トルコ観光広報・開発庁(TGA)

https://tga.gov.tr/en/

トルコ共和国大使館・文化広報参事官室

http://www.tourismturkey.jp

たかせ藍沙(たかせ あいしゃ)

トラベル&スパジャーナリスト。渡航160回超・70カ国超、スパ取材300軒超、ホテル取材2000軒超、ダイビング歴800本超。日々楽しい旅の提案を発信中。主な著書は『ファーストクラスで世界一周』(ブックマン社)、『美食と雑貨と美肌の王国 魅惑のモロッコ』(ダイヤモンド社)、『 LOVE! ROSE 薔薇のチカラでもっとキレイになる!』(宝島社)。楽園写真家・三好和義氏と共著の『死ぬまでに絶対行きたい 世界の楽園リゾート』『地球の奇跡、大自然の宝石に逢いに… 青の楽園へ』(ともにPHP研究所)。
Twitter @aisha_t
ブログ http://ameblo.jp/aisha/
公式Facebook http://www.facebook.com/WRT.by.FirstClassFlight
CREA WEB連載「たかせ藍沙のファーストクラスで世界一周

次の話を読む【イスタンブール最旬スポット】 今、注目のクリエイターが集う カラキョイ地区ボアズケセン通りへ

← この連載のはじめから読む

イスタンブールは歴史と文化だけじゃない!
アイコニックな最旬デザインが凄い!

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2022.10.29(土)
文・写真=たかせ藍沙