目の前の人と向き合って仕事ができることが、ただ嬉しい

 森田 剛が、スタジオに設けられた“舞台”で演じ始める――物語を感じさせる表情や佇まいに、その場にいる全員が不思議な興奮に駆られていた。

 「入ってきた時にすぐオリーブだって分かりましたよ。土とか、全部好きなものでした」と撮影後の森田は笑う。新たな環境でキャリアの続きを描き始めた彼は今、自らの足で確かに地を踏んで立っているようだ。

「一番大きな変化は、人との関わり方です。誰のフィルターも通さずに目の前の人と向き合って仕事ができること。こうした取材でも、こういうことが聞きたいですって事前に伝えてもらって、自分のことをちゃんと見て考えて来てくれているのが分かるんですよね。それだけで今までと違うというか、自分も血の通ったことを求めていたから嬉しいんです」

2022.05.05(木)
Text=Mami Naruta
Photographs=Tim Gallo
Styling=Koji Oyamada
Hair & Make-up=TAKAI
Plants decoration=Yasutaka Ochi (DILIGENCE PARLOUR)

CREA 2022年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

あたらしい暮らし 楽しい暮らし

CREA 2022年春号


あたらしい暮らし 楽しい暮らし

特別定価880円

「CREA」2022年春号の特集は、「あたらしい暮らし 楽しい暮らし」。激動する時代の中“楽しい暮らしの正解”はなくて、きっとそれは百人百様。でも人生100年時代となり、キャリアがマルチステージ化していくと言われる世界を、自分らしく楽しむためには、自分の中に「種」を持っていたい。今すぐじゃなくても、ちょっと先の未来に芽が出るような、小さくても、強い種を――。