世にアイドルグループは数あれど、仲が良いといえばやっぱり嵐。

 長年嵐を取材し、自身も嵐ヲタであるライターに5人の絆を感じるエピソードを教えてもらいました。

 思わず笑えるディープな話に、誰もが嵐の魅力にとりつかれるはず。


「仲が良すぎるグループは売れない」ジンクスを崩した偉業

 コンビ萌えという文化は、今やどこのアイドルグループにおいてもお約束。

 全員でいる時のキャラや役割とは異なる表情が、特定のメンバーとの1対1の関係の中で引き出される現象をファンは見逃さず、彼らをより深く知る手がかりとして味わい尽くす。

 古くから続くそうした秘密の楽しみ方を、公然化させた立役者といえば嵐だろう。

 何しろある程度年数を経たグループなら大抵「A氏とB氏は混ぜるな危険」というNGな組み合わせが存在するものだが、嵐にはそれがない。

 加えて個性的な愛情表現と、日本人離れしたスキンシップ。

 「仲が良すぎるグループは売れない」のジンクスを覆したのは、作為ではなく互いへの憧れから生じた本物の仲の良さ、そしてそこに垣間見える個々の素の人間力あってのことだ。

嵐の仲良しエピソード10連発!

嵐のコンビ名相関図[非公式]。

 嵐の各コンビ名(非公式)ごとに、思わず顔がほころぶ、ほっこりエピソードや取材の裏話をご紹介!

◆Episode1:信頼の「智くん・翔ちゃん」

【大野&櫻井=山】
「嵐」の字の上部にあるため、年上組を山と呼ぶ。

 子ども達が寝た後に一献傾けてそうな太い信頼関係が魅力。

 男っぽい性格の櫻井も世話焼き女房役に転じてしまうのには「才能だけでここまで来た人」と称えるほど、アーティスト大野に対する絶大な尊敬がある。

 一方の大野は櫻井の広告写真を街で見かけると「こいつの連絡先知ってるぜ」と得意な気分になるとか。

 生きてきた環境が全く違うからこその絶妙な相性。

 大野のことを智くんと呼ぶ人は他におらず、大野も親愛を込めて翔ちゃんと呼ぶ。

2020.05.12(火)
Text=Nanae Sugishita
Illustration=Megumi Yoshizane

CREA 2019年11月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

今、気になるいい男。

CREA 2019年11月号

仲の良さにこころときめく
今、気になるいい男。

定価820円

楽しそうにしている“彼ら”を見て、なぜだか幸せな気持ちになったことありませんか? ときに心掴まれ、ときに憧れを抱かずにはいられない。そんな関係性を誰かと築いている「いい男」たちが集ったこの1冊。さあページをめくって、横からそっと覗いてみては。表紙を飾る東方神起のスペシャルインタビューも必見です!