印刷にも製本にも
こだわった一冊

 塗り絵と物語が合体した新しいコンセプトの絵本『ぬりえほん① ねこ』が発売された。

読み聞かせをしながら、子どもと一緒に塗り絵が楽しめる「ぬりえほん」。

 塗り絵のテーマは「ねこ」。本の中にはなんと100匹もの猫が登場する。

いろんな手触りの用紙を使っているため、紙の持つ質感も感じることができる。

 それぞれ表情豊かな猫たちには色がついておらず、子どもたちが想像して自由に色をつけていけるのがこの「ぬりえほん」の楽しさだ。

物語は猫の絵柄の間に印象的に挟まれている。塗る猫のイメージが膨らむ内容だ。

 「ぬりえほん」の物語は、著者であるイラストレーター阿部伸二の飼い猫に関する実話をもとにした。

色を塗った後は手でちぎれるため、自由に壁などに貼ってアートとしても楽しめる。

 我が子が時間を忘れて塗り絵に没頭しているのを見て製作を思い立ったという「ぬりえほん」だが、表紙は活版印刷、本文には10種類の紙を使用。

 猫の絵柄は手作業でリソグラフで印刷した。

 また、背表紙は1枚ずつ剥がしやすいようにENバインディング製本で仕上げてある。

4歳児が実際に塗った「ぬりえほん」の一枚。絵があまり得意ではない子どもでも自由な色づけを楽しめる。

 子どもと一緒に時間を共有でき、なおかつ大人も笑顔になれる「ぬりえほん」の販売は全国の書店にて。

 塗っても楽しく、読んでも楽しい。小さな画伯の自由な感性をぜひ、ともに花開かせてみては。

『ぬりえほん① ねこ』

著・阿部伸二
NEUTRAL COLOR 
3,500円+税
※全国書店または下記サイトにて購入可能
https://neutral-colors.stores.jp/

2019.06.26(水)
文=木間のどか