カラフルな断面に胸がキュン! と萌えるフルーツサンド。切り方にも一家言を持つパーラーで、とっておきのひと皿を。

 美味しいできたてフルーツサンドを食べられる東京のパーラーを4軒、フードインスタグラマーの岡澤創人さんに紹介してもらいました。


フルーツサンドこそ
できたてを専門店で

 僕にとってフルーツサンドは、昭和の浪漫がぎゅっと詰まったデザート。

 発祥店は定かではありませんが、東京でいち早く提供し始めたのは「千疋屋」「資生堂パーラー」です。

 老舗はフルーツの切り方にも美学があり、「タカノフルーツパーラー」はフルーツを切る職人を「フルーツクチュリエ」と呼んでいます。

 新店で注目すべきは「THE Tokyo Fruits パーラー」と「パーラーシシド」。全国から厳選したフルーツを、おいしさが最も生きる形で用いるフルーツパーラーです。

 持ち帰りできるお店もありますが、切りたて、つくりたてのおいしさは格別です。

◆パーラーシシド[下高井戸]

大きめのフルーツ3種がたっぷり

 世田谷の老舗青果店が、2017年春にフルーツパーラーとしてリニューアル。

 約8種のフルーツサンドの中で一番人気の「スペシャルフルーツサンド」は、大きく切られたいちご、キウイ、黄桃がジューシー。つくりたてを味わって。

パーラーシシド

所在地 東京都世田谷区松原3-29-18
電話番号 03-3325-4410
営業時間 10:00~18:30(L.O. 18:00)
定休日 不定休
http://parlorshishido.com/

2019.05.07(火)
文=小松めぐみ
撮影=佐藤 亘

CREA 2019年6月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

なんでこんなにパンが好き?

CREA 2019年6月号

おいしくて楽しくてみんなが夢中……でも
なんでこんなにパンが好き?

定価780円

毎日楽しめる、皆でシェアできる、そのままでも、調理してもおいしい、しあわせの香りがする……。パンってやっぱりいいですよね。それにしても、ブームが終わらず皆の心を掴んで離さないのはなぜ? そこで今回は、パンを愛する人たちに“好き”の理由を伺い、旬のトピックスを徹底調査。保存版のパンガイドができました。