写真・映像表現の最先端を味わう!

(C)Karl Lagerfeld

 ファッション界に君臨するデザイナー、カール ラガーフェルドは、1980年代から写真家としても活動を続けている。ファッションを見せるためではなく、純粋に彼の写真を堪能するための個展が開催される。

 被写体となったのはヴェルサイユ宮殿。「具現化されたおとぎ話の世界」と彼自身が称する特異な空間を、独自の視点で切り取った。写真とはかくもイマジネーションに働きかける装置であったかと再認識。

『太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影 カール ラガーフェルド写真展』
会場 シャネル・ネクサス・ホール(東京・銀座)
会期 2017年1月18日(水)~2月26日(日)
料金 入場無料
電話番号 03-3779-4001
http://www.chanel-ginza.com/nexushall

<次のページ> 真に癒される幻想的な映像作品

2016.12.12(月)
文=山内宏泰

CREA 2017年1月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

ゆるむ、台湾。

CREA 2017年1月号

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

定価780円