サブサブを訪れたハリウッドセレブの名は?

マリン・バイオロジストがリーフウォークやスノーケリング、ダイビングを通して、海にまつわる不思議な生態を教えてくれます。

 海にまつわる冒険と研究、そして後進への指導に情熱を注ぐジャン・ミッシェル・クストーさんが手掛けるゆえ、単なるリゾートでは収まりません。

 マリン・バイオロジストのジョニーさんが常駐し、海にまつわるガイドを担当。ダイビングやスノーケリングトリップへ同行し、干潮時にはリーフを歩きながら海の生物についてレクチャーしてくれます。夜には、海への興味を誘うレクチャーや、時にナイトダイビングも開催します。

自然や文化について興味が湧いたら、スタッフに聞いてみるのが、滞在を濃密にするコツ。

 リゾートには植物に詳しいナチュラリストや、フィジー文化を伝えるカルチュラル・ホストもスタンバイ。ガーデンを歩きながら、薬草について教えてくれたり、フィジーの伝説を聞かせてくれたり。海に、陸に、サブサブの魅力を伝えてくれるリゾートホテルなのです。

海洋保護域に指定された、豊かな海。水面下は色鮮やかなソフトコーラルが繁茂し、魚影も濃厚。

 フィジーはハリウッドスターに人気ですが、この遠く離れた、開発とは縁遠いサブサブにも、足を延ばす人が。クストーさんのホテルもそうですが、かつてナマレという豪華リゾートへ見学しに行こうとしたところ、「今日はサンドラ・ブロックとアーノルド・シュワルツェネッガーが滞在しているから、別の日に……」と。なんと、ビッグスターが2人もこの何もない南洋の田舎に! と、びっくりしてしまいました(共通の友人の結婚式だったようです)。

<次のページ> 島にカカオ栽培を根付かせたのは何と日本人!

2016.02.13(土)
文=古関千恵子