キレイでいたいけれど、美魔女になりたいわけではない――美魔女になれない人は、“美聖女”を目指してみよう。

 清潔感という“美聖女”のキーワードを実現するために、まず何から始める? 必要なのは、ちょっとした心がけと、大きな力を持つ小道具たち。そんな「美聖女のススメ」実践篇を、齋藤薫さんが指南します。

» 第2回 メリハリ生命感
» 第3回 キレイなシワを刻む
» 第4回 ピンクメイク

◆ Rule_01
たとえばお風呂上がりの気配を1日保つこと

 失われた清潔感を新たに生み出すって、たとえばどういうこと? ここで思い出してほしいのが、お風呂上がりの肌。いつ見てもお風呂上がりの印象が漂う肌ってあるもの。そういう人って本当に歳をとらない。それも潤いと血色のバランスが、お風呂上がりの清潔感と透明感を再現するから。そこで試してほしいのが今年注目のヘルシーローズ仕上げのUVケア。しっとりしたツヤ感とほのかな血色ローズの組み合わせがお風呂上がりの気配を作ってくれる。だからファンデーションはなるべく薄く。

血色感ある肌にトーンアップ。
UV エクスペール XL メイクアップベース ヘルシーローズ SPF50・PA++++ 40mL 6,000円/ランコム

ランコム
電話番号 03-6911-8151

<次のページ> 清潔感や空気感そのものを香りで表現

2015.03.27(金)
文=齋藤 薫
撮影=吉澤康夫

CREA 2015年4月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

きれいな人がしてること

CREA 2015年4月号

パリ、東京、ハワイ、NYの“朝と夜”の習慣
きれいな人がしてること

定価780円