市街中心地にありながら、川の眺めに癒される立地

バンコクの中心地にありながら、川の眺めに心休まるロケーション。

 チャオプラヤ川のほとりに佇むマンダリン オリエンタル バンコク。首都バンコクのスピード感や喧騒も、どこか遠くの世界に感じられる静けさがある。ゆったりと流れる川の眺めは、今は数軒の高層ビルがあるものの、きっと往時の作家たちの心を癒したものと本質は変わらない。

 それでいて、高架鉄道スカイトレインの駅が徒歩圏内にあり、中心地へ出るのにも便利。通勤時間帯に深刻な渋滞に悩まされるバンコクでは、公共交通を利用する方が時短になるし、ストレスがない。

リバーサイドテラス近くにある専用桟橋からボートが発着。

 また、河畔に専用の桟橋があり、三角屋根を乗せたタイ建築のようなボートに自由に乗ることができる。スカイトレインの駅や最旬のショッピングセンター「アジアティーク・ザ・リバーフロント」へも無料送迎。そして専用桟橋からはタイ王宮やワット・アルン(暁の寺)へ行くツアーボートに直接乗ることもできる。ボートでの移動は川の風が心地よく、水面から見上げるバンコクの景色も旅情を誘う。

対岸のスパ棟やスカイトレインの駅などへ、気軽に利用できるボート。「アジアティーク・ザ・リバーフロント」の送迎は運行時間のチェックを。

<次のページ> 客室はただ眠るためだけではない、特別な場所

2014.12.29(月)
文・撮影=古関千恵子