食べこぼしやホコリなどが目についたとき、パッと出してさっと掃除できるのがコードレスクリーナーの利点。その手軽さをさらに追求したのがダイソンの新モデルです。今回は新商品発表会の模様とともに、どこが進化したのかチェックしていきましょう。

ヘッドを大幅に改良。サイズの違うゴミも同時に吸い込む

ダイソン「ダイソン フラフィ コードレスクリーナー DC74 モーターヘッド」
オープン価格(実勢価格約7万4800円/税抜)
オンラインストア:2014年10月14日発売 
量販店:10月23日発売
URL http://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums/cordless/dc74.aspx

 今回はヘッドを新たに開発。ナイロンフェルトを使った幅の広いローラーが大きなゴミを吸い取り、静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシが、目に見えない微細なホコリを吸い込みます。

 赤と紫の部分がナイロンフェルト。ふわふわした手触りで色合いもかわいいですよね。そして黒い部分がカーボンファイバーブラシです。

 ブラシは取り外して水洗いをすることができます。ケチャップやソースなどの食べこぼしがブラシについても洗い流せるので清潔に保てます。

 このように、フローリングの溝にたまったホコリも、食べこぼしたシリアルも、同時にぐんぐん吸い取ってくれます。今までは大きなゴミは手で拾って、それから掃除機をかけていましたが、その手間が省けるのは助かります。

<次のページ> 他のクリーナーとは一体どこがどう違うの?

2014.10.10(金)
文・撮影=にしかわゆみこ