この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、白央さん。

» きのうのレシピ「さけ茶漬」


vol.365 なすと鶏むね肉のピリ辛照り焼き丼

なすと鶏むね肉のピリ辛照り焼き丼。
なすと鶏むね肉のピリ辛照り焼き丼。

 さて、1年間続きました「のっけて、食べる」もとうとう最終回。さみしいけれど、やりがいのある毎日でした。

 ラストは、いえ「さよならの代わりに」、ナスと鶏むね肉を使ったごはんものをお届けします。

■材料(1人分)

・なす:60g程度
・鶏むね肉:100g
・植物油:小さじ1
・めんつゆ(3倍濃縮):大さじ1
・酒:大さじ1
・塩、小麦粉:適量
・粗びき唐辛子:少々
・ごはん:1膳分

■作り方

(1)なす、鶏肉はそれぞれ2センチ大程度に切る。鶏肉は全体に塩してから、小麦粉を軽くふっておく。

(2)フライパンに油をひいて中火にかけ、鶏肉を軽く炒め、なすも加えて全体を混ぜる。酒をふってフタをして1分おく。

(3)めんつゆ、粗びき唐辛子を加えて、汁気がトロッとするまで炒める。

(4)ごはんを器に盛り、(3)をのっける。あれば大葉の細切りをのせる

白央:しらいさーん、1年間お疲れさまでした! レシピやり取り、楽しかったです。

しらい:ホントに! 毎日楽しかったですねえ。Twitterでのやりとりも減るのかと思うと寂しい……。

白央:最後に、1年間おつきあいくださった読者の方々に心よりの感謝を。

しらい:これからも皆様、自由に楽しくのっけて参りましょう!

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

フードライター。「暮らしと食」、日本各地のローカルフードを中心に執筆する。新刊『台所をひらく 料理の「こうあるべき」から自分をほどくヒント集』(大和書房)が先日発売されたばかり。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

» 連載「のっけて、食べる」レシピ一覧

次の話を読む【レシピ】とろ玉しらすのっけごはん 朝食やランチ、軽めの夕食にも 玉子焼きはとろっとろタイプで!

← この連載のはじめから読む

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.07.14(金)
文・撮影=白央篤司
イラスト=二村大輔