この記事の連載

 アジアのレストランランキングに、バンコクの評判店が常連として顔を出すようになって久しい。今や感度の高い世界のグルメは、こぞってこの街を目指す。いざ、風味絶佳の桃源郷へ。

 王道のタイ料理の他、フレンチやインド料理などがバンコクで楽しめる、至福のレストラン6軒を6回にわたりご紹介。


双生児シェフが繰り出す 芸術作品に瞠目する

◆Sühring(ズーリング)

 ドイツ料理と耳にして、あなたはどんなイメージを脳内に浮かべるだろうか。ソーセージやザワークラウトといった、質実剛健なメニューでは?

 しかし、「ズーリング」は、その予測を心地よく裏切る。まるでハイジュエリーのように見目麗しい細工が施された作品の数々を口へと運べば、舌の上に広がるのは、繊細を極めた味わいだ。

 2016年にオープンしたこのレストランを統べるシェフは、ベルリン生まれの双生児。彼らの祖母が遺してくれた家庭料理のレシピをベースに、日々、誰も見たことのないイノベーティブなメニューを発信し続けている。

 名だたる世界的レストランガイドで、非常に高い評価を受けるこの店は、瞬く間に予約困難な一軒となった。

 まさに、コスモポリタンな食都に成長したバンコクを象徴するレストラン。一度この味を体験したら、ここを訪れることが訪タイの主目的になるかも。

Mathias & Thomas Sühring

弟のマティアス(左)と兄のトーマス。ベルリンで生まれ、ヴォルフスブルクでキャリアをスタート。欧州で各自修業を積んだ後、ともにバンコクの「メッツァルーナ」で7年間腕を振るい、同店の評価を不動のものとした。

「ズーリング」の全ての画像を見る

Sühring(ズーリング)

所在地 10 Yen Akat Soi 3, Chong Nonsi, Bangkok
電話番号 02 107 2777
営業時間 17:30~21:30(金~日曜ランチ 12:00~13:30)
定休日 月・火曜
●おまかせコース 7,500タイバーツ
https://restaurantsuhring.com/

次の話を読むバンコク・至福のレストラン 伝統的タイ料理といえばここ ハーブとスパイスが香る王道の味

← この連載のはじめから読む

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2023.06.27(火)
文=下井草 秀
撮影=佐藤 亘

CREA Traveller 2023 vol.2
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

CREA Traveller 2023 vol.2

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

特別定価1,500円 (税込)

「CREA Traveller」2023 vol.2の特集は、「目醒めのタイ」。