この記事の連載

オペラの「ピンク」は生命力溢れるカラー

 そして、キュートで元気なピンクのオペラ! 見てください、このビビッドなピンク。

 こちらも一足お先に試させていただきました。

 オペラも昨年のベストコスメでご紹介したばかりですが、新色のテーマが、「春を待ちわびて色づきを増していく花や草木」という通り、春の植物のイキイキ感、ライブ感を感じる色ばかりで、その中のピンクがとても可愛いんです。

 ジルスチュアートが“静のピンク”だとしたら、オペラは“動のピンク”。マスカラは見た通りのピンクに発色しますが、同系色のアイメイクをすれば意外になじんで目元の印象をやわらげるし、派手というより、キュートに仕上がります。

 最近ホワイトベージュやカラーレスのマスカラが注目されていて、ブラックやブラウンでまつ毛を強調するのではなく、まつ毛の印象自体をやわらげるメイクも人気があるのですが、ピンクはそっちのメイクに近くなります。

 筆者は塗ってみて、その意外な魅力にちょっとハマりました。

 そしてご存じリップティント Nのピンクは、直球勝負の純粋ピンク。みずみずしいツヤのおかげで、チューリップやモモ、バラ、芝桜などの、春の花々を彷彿させます。

 長いマスク生活のおかげでリップメイクを忘れがちになっている人は、ぜひこのピンクをまとって、いかにリップメイクで顔色がパッと明るく見えるか、思い出してください。

 こんな風に、プチプラコスメには様々なピンクの新色が揃ってます。また時代が進むごとに、ピンクという色の幅自体も、質感もものすごく広がっているので、誰でも似合うピンクが探しやすくなっている今が、ピンクの楽しみどきなのかも。

 ぜひ今年の春は、自分にぴったりのピンクメイクを見つけてください。

オペラ リップティント N 118 ブルームピンク(限定色) (2/15発売)

1,650円

オペラ カラーリングマスカラ 103 ペタルピンク(限定色) (2/15発売)

1,650円


イミュ

フリーダイヤル 0120-371367
https://www.imju.jp/

プチプラ美

高級コスメにうっとりしつつ、デイリーメイクにはプチプラコスメも出番多し、の美容メインのなんでもライター。編集プロダクションと美容雑誌編集部を経てフリーランスに。かれこれ20ウン年美容雑誌業界の片隅でお仕事中。肌データは、アトピー持ちの(でも現在はほぼ出ない)基本乾燥肌。……なのに寄る年波で部分的な毛穴の開きやテカリも気になる。スペインとお肉とオヤジ俳優好き。

← この連載のはじめから読む

Column

大人がうっとり♡ 優秀プチプラコスメ

大人にもオススメしたい、大人にこそ使ってほしい優秀なプチプラコスメ。コスメファンのプチプラ美が、いつものあのショップで見つかる、使ってよかったアイテムを紹介します。

2023.01.25(水)
構成・文=斎藤真知子