家族愛たっぷりの物語に後半ほとんど号泣

『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』

 SF恋愛映画。

 「タイムトラベルという現実離れした設定と様々な形の“愛の物語”の融合が凄い。この映画を観終わったら、そのまま物置に入ってグーッとやってみますよね。

 父との最後の対話のシーンは何度劇場へ通っても涙で画面が見えなかった。キワモノ役が多いビル・ナイのしっとりとした父親役にじーんときます」(MELRAWさん)

『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』

Blu-ray:2,075円
DVD:1,572円
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
©2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

感情の出所のわからない涙が溢れ出てくる

『花筐/HANAGATAMI』

 大林宣彦監督による“戦争3部作”の最終作。

 「涙が大量に溢れ出てくる映画です。なぜ涙が出てくるのか、言葉にならないというよりは、大量の言葉が溢れすぎて、頭や胸が締めつけられて、理解の臨界点を超えた先に涙がある感じがします。

 真夜中の海辺で裸の少年2人が馬に相乗りして駆け抜けるシーンには、魂が震えました」(吉開菜央さん)

『花筐/HANAGATAMI』

Blu-ray:6,380円
発売元:カルチュア・パブリッシャーズ
販売元:TCエンタテインメント
©唐津映画製作委員会/PSC 2017

2021.10.02(土)
Text=Ritsuko Oshima(Giraffe)

CREA 2021年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

明日のためのエンタメリスト

CREA 2021年秋号


明日のためのエンタメリスト

特別定価860円

CREA9月発売号は「エンタメ」特集。家に籠る時間が長くなって、あらためて“エンタメ”の力に気づいた人は多いのではないでしょうか。疲れた時こそ、観て、聴いて、読む。心身どっぷり浸ってもいいし、何も考えず笑うだけでもいい。ドラマ、映画、ラジオ、舞台、本、マンガを中心に、明日への活力となるリストをお届けします。