「あぶない刑事」TAKA & YUJI

あぶデカという愛称とともに長年愛される

 ダンディなタカ(舘ひろし)とセクシーなユージ(柴田恭兵)という横浜・港警察署捜査課の刑事コンビの活躍を描いたバディもの刑事コメディの金字塔。

 軽妙洒脱な2人のやりとり、都会的なファッション、ド派手なアクションシーンなどが人気を呼び、続編「もっとあぶない刑事」や劇場版も数多く制作された。

 いまだに柴田恭兵の代名詞のようになっているユージのセリフ「関係ないね」は、実はドラマでは一度しか使われていないそう。

 当時はまだ新人だった仲村トオルや浅野温子も存在感抜群。完結してもファンの心を掴み続けている。

selector's comment
小沢一敬さん(芸人)

10代の僕らは、タカとユージにすごく憧れた。会話のおしゃれさと、スタイリッシュな空気感、キメるところはキメるかっこよさ。あのころは友人と、タカ派ユージ派に別れてよく揉めた。タイトルの出し方、演出もとてもかっこよかった。エンドロールもすごく影響を受け、自分の単独のエンディングで丸々、パロディでやらせてもらったこともある。今でも僕の中のバディものNo.1の作品。

「あぶない刑事」DVD Collection VOL.1、2

発売中
各19,800円 
発売元:東映ビデオ 
販売:東映

2021.09.21(火)
Text=TV No Sukima
illustrations=Yusuke Saitoh

CREA 2021年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

明日のためのエンタメリスト

CREA 2021年秋号


明日のためのエンタメリスト

特別定価860円

CREA9月発売号は「エンタメ」特集。家に籠る時間が長くなって、あらためて“エンタメ”の力に気づいた人は多いのではないでしょうか。疲れた時こそ、観て、聴いて、読む。心身どっぷり浸ってもいいし、何も考えず笑うだけでもいい。ドラマ、映画、ラジオ、舞台、本、マンガを中心に、明日への活力となるリストをお届けします。