大きく変わらざるを得なかった私たちの生活。しかし考え方を変えれば、それはいい変化にもなりうる。美容のプロと呼ばれる7名に、新しい暮らしを楽しむためのコツをお伺いしました。


#01 齋藤 薫さん[美容ジャーナリスト]

「人生始まって以来レベルの断捨離を敢行。その結果実現したシンプルな生活がとても気に入り、その状態をキープすべく頑張っています。

 スピリチュアルなコスメに心惹かれるようになったのもその頃から。見えないものの力を感じ、命を浄化する、おまじないのような行為。」(齋藤さん)

コスメキッチン

電話番号 03-5774-5565
https://cosmekitchen.jp/

#02 吉田昌佐美さん[美容ジャーナリスト]

「家の片付けや料理、ガーデニングなど、身近なことに楽しみを発見。

 外出が減ったせいで起こる、運動不足や代謝の悪さを一気に挽回しようとお風呂を充実させました。夜はキャンドルを灯し、朝は窓全開で、浄化風呂を楽しんでいます」(吉田さん)

クナイプ

フリーダイヤル 0120-428-030
https://www.kneipp.jp/

#03 渡辺佳子さん[美容ジャーナリスト]

「朝夕しっかり水やりする時間ができたので、ハーブや野菜の苗を栽培。すくすく育つ姿に元気をもらいました。

 外出自粛期間は春から夏の花のシーズンだったので、芍薬やバラ、ユリなどを部屋に。旬の花から季節の移り変わりを感じていました」(渡辺さん)

たかくら新産業

フリーダイヤル 0120-828-290
https://takakura.co.jp/

2020.11.02(月)
Text=Miyuki Nagata
Photographs=Keisuke Kitamura
Styling=Reiko Ogino

CREA 2020年11・12月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

きれいな人がしてること。

CREA 2020年11・12月合併号

揺らがない自分でいるための習慣&コスメ
きれいな人がしてること。

定価820円

様々な業界で活躍する人たちの人生を支えてきた習慣とは? 大切にしている美の価値観とは? 時に悩みながらも、美容を通して“自分らしさ”に真摯に向き合ってきた“あの人”に取材。そこから見えてきたのは、揺らがない自分でいるための美容でした。