いつかはバーバリーと思っていた人を納得させる、ある転身

スコットランド製の上質なカシミアは軽くてあたたかく、とろけるような肌触り。スカーフ グランドチェック 68,000円/バーバリー

 あなたにとって“バーバリー”とは、どんなブランドだろう。高校生の時、まるで制服のように“あのチェック”を首に巻いていたという人がいれば、いつかはバーバリーと憧れ続ける人もいる、とんでもなく広いイメージを持つブランドなのは確か。ライセンスもののブルーレーベルの人気がとてつもなかった一方で、主に直営店でしか買えないインポートものもステイタスを保ち続けたからだろう。結果、日本でもっとも有名な“ブランド”のひとつになった。

英国らしい柄、モチーフが魅力。シルクサテンのポーチ 13,000円、ガーズマン・キーチャーム 29,000円/バーバリー

 ところが、今秋そのライセンスものが消える。正直今まで10万円台で買えたトレンチは、2倍近い価格となる。でも真のファンにとっては、むしろ喜ばしい流れかもしれない。いつかは、と思っていた人は、英国仕立ての誇り高いバーバリーをこそ、自らが凛々しく着こなせるようになってから満を持して着たいと思っていたわけで、高校生にアラされたくないのは当然。

 ここのトレンチはやはり究極で、リアルに“一生もの”にできる、きわめて希有な“名品”。だからやっぱり憧れであり続けてほしいのだ。考えてみれば、すぐ身近にあるずなのに、手をのばすとするっと逃げる、そんな絶妙な距離感がバーバリーの持ち味だったわけだが、まさに今、するっと逃げられ、追いかけたくなっている。

<次のページ> バーバリーの化粧品が本格始動

2015.12.02(水)
文=齋藤 薫
撮影=吉澤康夫

CREA 2015年12月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

贈りものバイブル

CREA 2015年12月号

おいしいものからずっと使えるものまで
贈りものバイブル

定価780円