この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、白央さん。

※本記事は、再公開したものです(初出:2022年10月23日)

» きのうのレシピ「普通のカツ丼」


vol.101 ホタテキムチ丼

ホタテキムチ丼。
ホタテキムチ丼。

 定番の豚キムチ、おいしいですよね。私も好物なんですが、「何か豚のほかにいいものないかな?」とフト考え、あれこれ試してみました。ホタテが予想以上に、よかった……。

 お刺身用のホタテは値が張るけれど、ボイルされたミニホタテはわりと手頃に鮮魚コーナーで売られています。

■材料(1人分)

・ミニホタテ:4~6個(60~70g程度)
・キムチ:70g
・卵:1個
・酒:大さじ1/2
・醤油:小さじ1/2
・サラダ油:小さじ1
・青ねぎ:お好みで
・ごはん:1膳分

■作り方

(1) フライパンに油をひいて中火にかけ、ホタテを入れる。

(2) ホタテの片面に軽く焼きがついたら、キムチ、酒を入れて軽く炒める。

(3) 卵を溶き入れ、醤油を加えて全体を軽く混ぜて好みのかたさにとじる。

(4) 器にごはんと(3)を盛り、刻んだ青ねぎをふる。

 「好みのかたさにとじる」も人それぞれですが、卵を溶き入れたら、ゆっくりと全体を2回混ぜて火を止める、ぐらいが私は好きです。器を取り出してごはんを盛り、細ネギを刻む間にほどよくかたまりますよ。もみ海苔をふってもおいしいです。

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

「暮らしと食」がテーマのフードライター。日本各地のローカルフードに詳しい。著書に『自炊力』(光文社新書)など。オレンジページやメトロミニッツなどでコラム連載中。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

» 連載「のっけて、食べる」レシピ一覧

次の話を読む【ポキ丼アレンジレシピ】 甘さ控えめ「大人のピリ辛ポキ丼」 ごま油は使わずラー油で辛みをプラス

← この連載のはじめから読む

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.10.23(月)
文・撮影=白央篤司
イラスト=二村大輔