この記事の連載

 アジアのレストランランキングに、バンコクの評判店が常連として顔を出すようになって久しい。今や感度の高い世界のグルメは、こぞってこの街を目指す。いざ、風味絶佳の桃源郷へ。

 王道のタイ料理の他、フレンチやインド料理などがバンコクで楽しめる、至福のレストラン6軒を6回にわたりご紹介。


テーブルに流れるのは哲学的な時間

◆Gaa(ガー)

 インド料理の店だとのみ聞かされてテーブルに着いたなら、呆気に取られることだろう。供されるメニューは、見慣れたカレーやタンドリーチキンではない。

 一皿一皿が、料理の域を超え、コンテンポラリーアートの境地に達している。食を通して、哲学的な時間が流れる。

 オーナーシェフは、インド人女性のガリマ・アローラ氏。世界的な評判店の数々で要職に就き、時代を画してきた。

 彼女は、インド料理の伝統に敬意を捧げながら、水際立つ奇想を繰り広げ、誰も目にしたことのない美食を創造する。

 コースに登場する13品は、いずれもこちらに問いを投げかけるかのよう。その完成までに、どれだけのアイデアが磨かれ、どれだけのテクニックが用いられたのかと想像しながら食せば、味わいもより深まるに違いない。

 築60年というタイのトラディショナルな民家を移築した建物も趣十分。「ガー」でしか享受できない体験を、ぜひ。

Gaa(ガー)

所在地 46/1 Sukhumvit 53, Klongtan Nuea, Wattana, Bangkok
電話番号 063 987 4747
営業時間 17:30~22:30(土・日曜ランチ 12:00~15:00)
定休日 無休
●おまかせの13品コース 4,700タイバーツ
https://gaabkk.com/

← この連載のはじめから読む

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2023.07.01(土)
文=下井草 秀
撮影=佐藤 亘

CREA Traveller 2023 vol.2
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

CREA Traveller 2023 vol.2

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

特別定価1,500円 (税込)

「CREA Traveller」2023 vol.2の特集は、「目醒めのタイ」。