ひと足お先に手元から春を忍ばせて

1:アンプリチュード「コンスピキュアス ネイルカラー」

 艶めく紫陽花から着想を得たカラー。ひと塗りで見たままの発色が叶う。

「春コレクションなのに寒色が2色だけというのは驚きましたが、寒い冬を吹き飛ばしてくれるようなパステルカラーは、凜としていてかっこいい」(N)

アンプリチュード

フリーダイヤル 0120-781-811
https://www.amplitude-beauty.com/

2:カネボウ化粧品「ルナソル ネイルポリッシュ EX19」

 指先にアップテンポな春の軽やかさを宿して。

「新調したイエローのニットに、ベーシックなトレンチコートをコーディネイトして、このカラーを合わせたら褒められました! 一度塗りの透け感が絶妙です」(K)

カネボウ化粧品

フリーダイヤル 0120-518-520
https://www.kanebo-cosmetics.jp/lunasol/

3:オーピーアイ ジャパン「OPI ネイチャーストロング NAT009」

 爪と環境のことを考慮したブランド初のビーガンネイルが誕生。自然からインスパイアされたカラーが豊富に揃う。

「OPIのネイルといえば、ツヤと鮮やかな発色。ビーガン処方になってもそれは健在で、彩度高い爪先を楽しめます」(I)

オーピーアイ ジャパン

フリーダイヤル 0120-559-330
https://www.opi.com/jp-jp

EDITORS' PROFILE

(I) 40代半ば。今秋から冬は焚き火をしたくてグランピングを予約。炎を眺めていると、人間の原始的な部分が満たされる気が。

(S) 40代前半。信頼できる数名からのおすすめで見始めた「ヴィンチェンツォ」。ソン・ジュンギの虜にもなり、寝不足の日々。

(N) 30代半ば。うつわ企画を担当し、すっかり夢中に。来年の目標は、日本各地の陶芸作品に触れる旅。温泉も一緒だと最高!

(K) 30代前半。朝食にオートミールを食べるようになってから、お通じ改善、体重も減。毎日食べても飽きないし良いこと尽くし。

Column

CREAビューティチーム EDITORS' BEST

数ある新製品のなかから、CREA編集部の美容担当が実際に試してよかった“ベストコスメ”を月ごとに決定してご紹介。

2021.12.19(日)
文=CREA編集部
撮影=釜谷洋史

CREA 2022年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

贈りものバイブル

CREA 2022年冬号


贈りものバイブル

特別定価900円

「CREA」2022年冬号の特集は、「贈りものバイブル」。待ちわびていたその日をより特別なものにしてくれる、そんなとっておきの贈りものを集めてみました。