アニメにハマった原点は、18歳のときにはじめて観た「新世紀エヴァンゲリオン」だという宇垣美里さん。

「アニメの魅力は、2次元だからこそできる表現。最近は特に映像が美しいものが多く、心を奪われます。それにぼんやりしたいときにもアニメってちょうどいいんです。一話が短いものが多く、時間がないときでも見やすいので、私にぴったり。今回は、前向きな気持ちになれるアニメをチョイスしました」(宇垣さん)


元気をくれるダークヒーロー

「コードギアス 反逆のルルーシュ」

 大国に捨てられた元皇子が“ギアス”という力を手に入れたことから始まる復讐劇。

「一番好きなアニメ。重厚なストーリーで主人公ルルーシュの気合いの入った性格に元気をもらえるし、露悪的なところもいい」(宇垣さん)

成長していく小黒が微笑ましい

「羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来」

 コアなファンの間で話題になった中国発の冒険ファンタジーアニメ。

「森を追われた黒猫の妖精、小黒がとにかく可愛らしくて。旅を通して成長していく姿に勇気をもらえます。戦闘シーンの迫力も見応えあり」(宇垣さん)

一人じゃないって実感できる

「スパイダーマン:スパイダーバース」

第91回アカデミー賞長編アニメーション賞受賞作。

「圧倒的な映像美! 魅力的なキャラに音楽もカッコいい。『あなたは一人じゃないよ』って、アメコミ界の巨匠、スタン・リーからのメッセージを感じます」(宇垣さん)

2021.10.21(木)
Text=Ritsuko Oshima(Giraffe)

CREA 2021年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

明日のためのエンタメリスト

CREA 2021年秋号


明日のためのエンタメリスト

特別定価860円

CREA9月発売号は「エンタメ」特集。家に籠る時間が長くなって、あらためて“エンタメ”の力に気づいた人は多いのではないでしょうか。疲れた時こそ、観て、聴いて、読む。心身どっぷり浸ってもいいし、何も考えず笑うだけでもいい。ドラマ、映画、ラジオ、舞台、本、マンガを中心に、明日への活力となるリストをお届けします。