コスメの誕生には必ず、ストーリーがある。そんなコスメのバックボーンやこだわりを、25年間美容を取材し続けてきたエディターの大塚真里さんが深堀りします。

 読んだ人の美容の扉を開く「BEAUTY DOOR」。今回は朝の肌のためにつくられたジェル洗顔料「INFINITY」に迫ります。


ぬるま湯すすぎ女子にもこれならおすすめできる

タンパク汚れに対応するスムースクリア成分と、頑固な角栓をほぐす角栓メルトオイルを配合。顔をぬらさず、マッサージするように30秒程度なじませ、水かぬるま湯ですすぐ。インフィニティ モーニング リニュー 100g 2,750円 (編集部調べ)/コーセー(2021年6月16日[月]発売)

 先日、30代の女性10人に普段のスキンケアについて取材する機会があったのだが、なんと7人が「朝は洗顔料を使わない」と答え、驚いた。

 「汚れていないし、肌が乾燥しそうだからぬるま湯ですすぐ」という人が5人、「面倒だからふき取り化粧水でふくだけ」という人が2人。「出歩かなくても皮脂が出たり肌表面の角質が代謝されたりするから、朝も洗顔料を使ってみて」とアドバイスしてみたものの、「でも、乾燥が……」という不安げな表情は拭いきれなかった。

 一方で、10人全員が毛穴詰まりに悩んでいるという事実も発覚。やはり、洗顔が足りていないのだ。“乾燥したくないけれど、毛穴の汚れは落としたい”そんな悩める女子におすすめできる朝洗顔料はないかと探していたところ、うってつけの新製品を見つけた。

 インフィニティの、朝の肌のためにつくられたジェル洗顔料。衣類やコンタクトレンズなどのタンパク汚れは専用の洗剤を使って落とすように、肌のごわつきや角栓の原因であるタンパク汚れに働く成分を配合。同時に、潤い成分やすすぎ水と反応して形成されるオイルのヴェールが肌にツヤを与え、洗い上がりはもっちりとしなやか。

 しかも、泡立て不要で乾いた肌になじませてすすぐだけと手軽! この洗顔料なら、乾燥肌でもズボラさんでも大満足してくれそうだ。

コーセー

フリーダイヤル 0120-526-311
https://www.kose.co.jp/

大塚真里(おおつか・まり)

エディター。出版社に編集者として勤務後、化粧品メーカーのクリエイティブ担当を経て独立。雑誌編集や広告制作など活動中。自著の『キッチンには3本のオイルがあればいい』、『肌がきれいになる』(ともに小社刊)など書籍も多く手がける。

Column

大塚真里の美容の扉

コスメの誕生には必ず、ストーリーがある。そんなコスメのバックボーンやこだわりを、25年間美容を取材し続けてきたエディターの大塚真里さんが深堀りします。

2021.06.22(火)
Composition & Text=Mari Otsuka
Photographs=Shinsuke Sato

CREA 2021年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

ちょっとだけアウトドア

CREA 2021年夏号


ちょっとだけアウトドア

特別定価900円

CREA6月発売号は「アウトドア」特集。ビルの間を移り行く空に道ばたに咲く草花、ベランダで感じる風――少しだけ感覚を拡げてみると、自然は案外私たちのすぐ近くにあることに気づきます。日常に落ちている、小さな自然の気配を拾い上げられたなら、窮屈に感じる日々も、少し楽しくなるかもしれません。ベランダで過ごす一日から、身軽なキャンプまで、アウトドア気分をちょっとだけ、お届けします。