優しい風と省エネを叶える高機能扇風機、「DCファン」のなかでも今年特に注目したいのがヨーロッパで話題の「duux(デュクス)」。美しいデザインと未体験の快適な風が、心までととのえてくれる。


30段階の風と室温センサーによって様々なシーンで活躍

9枚の羽根が繊細でなめらかな風をたっぷり送るduuxの最新モデル「ブレード」。夏のリビングを涼やかに。

 最近は空気への関心が高まっている。それは私たちの健やかな暮らしに欠かせないものであり、室内の空気は外気よりも汚染されている、という現実があるからだ。

 そこで急浮上するのが扇風機。duuxの最新モデル「ブレード」は、空気力学の専門家とともに開発され、9枚の羽根をもつ。静音で、優しい風がムラなく遠くまで届くので、強風でも冷えすぎないのが特長だ。

duux ブレード(DXCF21JP)24,800円。
空気力学の専門会社「Actiflow社」とタッグを組み、独自の9枚羽根を搭載。風を送り出す間隔が短く、切れ目の少ないなめらかな風に。

 風量を30段階にも調節でき、室温センサーが自分好みの設定温度になるように常に自動調整してくれるので、寝室でも安心して使える。

 さらにポールを外せばサーキュレーターになり、通年使えるのもいいところ。室内の空気を循環させ、いつも心地よい体感温度をキープ。冷暖房の効率も格段にアップ。

 「ブレード」は3D首振り機能で空気を循環させるサーキュレーターにも。ウイルスを除去する空気清浄機「ブライト」(奧)とともに、寝室の空気をリフレッシュ。「ブライト」は空気を360度から吸引し、コンパクトなサイズながら18畳まで対応するパワフル仕様。

duux ブライト(DXPU07JP)24,800円(7月下旬発売予定)。

2021.06.18(金)
Text=Yoko Maenaka(BEAM)
Photographs=Suguru Ariga
Styling=Naho Fujiya

CREA 2021年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

ちょっとだけアウトドア

CREA 2021年夏号


ちょっとだけアウトドア

特別定価900円

CREA6月発売号は「アウトドア」特集。ビルの間を移り行く空に道ばたに咲く草花、ベランダで感じる風――少しだけ感覚を拡げてみると、自然は案外私たちのすぐ近くにあることに気づきます。日常に落ちている、小さな自然の気配を拾い上げられたなら、窮屈に感じる日々も、少し楽しくなるかもしれません。ベランダで過ごす一日から、身軽なキャンプまで、アウトドア気分をちょっとだけ、お届けします。