美しすぎる建築に目を奪われ、厳かな佇まいに心洗われる。喧噪から切り離された、密やかな世界。

 少しハードルが高そう? いえいえ、肩肘張らずとも大丈夫。

 そこには何人をも懐深く受け入れる、やさしく穏やかな場所がありました。


◆東京カテドラル聖マリア大聖堂
[文京区・関口]

丹下健三設計のカトリック教会

 1900年に外国人宣教師により設立されるも東京大空襲で焼失。

 現在の建物は丹下健三により1964年に建てられたもので、十字の形に設計されている。

 天井を見上げれば十字架形の窓から光が差し、幻想的な光景にしばし言葉を無くしてしまう。

 祭壇には高さ16メートルの十字架が掲げられ、キリストによる救いを象徴。

 また、教会用では日本最大級のパイプオルガンがあり、ミサやイベントで誰でも美しい音色を楽しむことができる。

東京カテドラル聖マリア大聖堂

所在地 東京都文京区関口3-16-15
電話番号 03-3941-3029
開館時間 9:00~17:00
休館日 無休
https://cathedral-sekiguchi.jp/

CREA30周年特集 クレア東京

2020.01.11(土)
Text=Etsuko Onodera
Photographs=Atsushi Hashimoto

CREA 2020年1月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

秘密の東京。

CREA 2020年1月号

知っているようでまだ知らない
秘密の東京。

特別定価840円

東京は、世界でも有数の、秘密に溢れた街だと思います。見慣れた場所でも、ちょっと視点を変えれば新しい発見がある。通り過ぎてしまっているものに目を向ければ、そこにはストーリーがあります。食、建築、カルチャーなど、今回は、そんな東京の魅力を掘り下げて取材。知っているようで知らない東京に出会えます。