■旬顔になれる
 秋冬のプチプラアイシャドウ
#03 パレットアイシャドウ

 本格的に空気も冷たくなり、ファッションも厚手の素材の出番が増えてきて、それに合わせてメイクも秋冬カラーをつけたい気分になりますよね。

 実は今年のプチプラ界の秋冬用アイシャドウが、大人にも使いやすい優秀“渋カラー”ばかり。気軽にトレンドカラーを試せる秋冬アイシャドウを、全5回でお届けします。

◆リンメル
 ロイヤルヴィンテージ アイズ

 みなさんこんにちは、プチプラ美です。

 大人の女性にもぜひ試してみてほしい、今期のプチプラ秋冬アイシャドウ、3回目は、この2個を持っていれば秋冬のアイメイクは迷わない! というくらい季節感とトレンド感が凝縮されている、リンメルのロイヤルヴィンテージ アイズです。

上品なスモーキーアイズが簡単に完成する4色入りアイシャドウ。ロイヤルヴィンテージ アイズ 013アーバンナイトネイビー 1,500円/リンメル
ロイヤルヴィンテージ アイズ 014テラコッタブラウン 1,500円/リンメル

 最初に製品を見た瞬間から、なんてお洒落で絶妙な色の暗さと深み! とひとめ惚れしてしまいました。どちらも名前の通り、ヴィンテージの雰囲気漂う4色。

 013は、ネイビーとグレーでクールな印象の目元を作れる寒色系のグラデ。014の方は、銅やレンガを思わせる暖色系のグラデ。

 この秋冬のファッションのトレンドは、色だと暗めのネイビーやカーキ、レンガ系の赤茶色など。流行っているグレンチェックの柄も、引いて見るとグレーの印象。

 全体に彩度は低い色が多いと思いますが、このアイシャドウはそんなファッションに、どちらもぴったり!

 グレーやネイビーのファッションの時は013を、レンガ色のカーディガンやパンツの日には014を、と同系色で合わせればメイクとファッションの連動が簡単に出来ます。

013の左下のダークブルーと右上のシルバーグレーがお洒落過ぎる。左上のハイライトカラーから順に濃い色を重ねていけば、簡単にグラデが完成。特別なテクはいりません。
014の左下の赤みブラウンも赤が強すぎないから、トレンドをちょこっと取り入れたい大人の女性に最適。

 やっぱりメイクって、首から上だけが別物のようになっているのではなく、ファッションと連動して全体の雰囲気を作ってこそ素敵にお洒落に見えるので、そういう意味でこの2種類のアイシャドウは、今季のファッションをフルに生かしきれる色だと思います。

 もちろん、肌色によって合う方の色を選ぶのもアリですし、トレンドど真ん中ではないファッションの時でもこのアイシャドウを使えば、“今っぽさ”を感じる顔にしてくれます。

 しかも粉が優秀で、ぼかしが簡単で重たくならない!

 両方とも下段の2色は強めの色に見えると思いますが、透明感の高い板状の粉体を多く使用していて、肌の上に薄く均一に広がるし、全ての色に細かいパールが利いているので、ダークカラーも重たくなりすぎません。

 塗るだけで、いわゆる“こなれ感”を醸し出してくれるんです。

カーキカラーのファッションも今年らしく仕上げてくれます。

 リンメルは、以前このコーナーでもご紹介し、大ヒットを続けているショコラスウィートアイズもかなり使いやすくお洒落で気に入っているのですが、今回の色でこちらのアイシャドウもすっかり虜になってしまいました。

 ロンドン生まれの、ちょっとエッジィでほどよくモードも取り入れているブランドなので(最近イメージキャラクターを務めているのはミュージシャンのリタ・オラだし)、好みが分かれるところもあるかもしれませんが、可愛すぎずトレンドも取り入れられるので、大人の女性もぜひ一度試してみてください。

ロイヤルヴィンテージ アイズ

各1,500円
https://www.rimmellondon.jp/product/eyes/eyes_39.html

♢リンメル

フリーダイヤル 0120-878-653
https://www.rimmellondon.jp/

私はココで購入しました

・プラザ 渋谷109店
https://www.plazastyle.com/store/detail/?id=32

プチプラ美

高級コスメにうっとりしつつ、デイリーメイクにはプチプラコスメも出番多し、の美容メインのなんでもライター。編集プロダクションと美容雑誌編集部を経てフリーランスに。かれこれ20ウン年美容雑誌業界の片隅でお仕事中。肌データは、アトピー持ちの(でも現在はほぼ出ない)基本乾燥肌。……なのに寄る年波で部分的な毛穴の開きやテカリも気になる。スペインとお肉とオヤジ俳優好き。

Column

大人がうっとり♡ 優秀プチプラコスメ

大人にもオススメしたい、大人にこそ使ってほしい優秀なプチプラコスメ。コスメファンのプチプラ美が、いつものあのショップで見つかる、使ってよかったアイテムを紹介します。

2018.11.23(金)
文・構成=斎藤真知子