制作の裏側も覗くツアーで
映画の街ウェリウッドを体感

ミラマー地区の住宅街に点在するウェタの社屋や施設。

 映画界の鬼才ピーター・ジャクソンが率いるウェタの本社は、高層のオフィスビル街にあるだろうと思いきや、ウエリントンの中心地の東に位置するミラマー地区の住宅街。クリエイターや社員も、社屋の近隣に暮らしているそう。

 ウェタのファンにとってはたまらない資料やアイテムを満載した複合施設「ウェタ・ケーブ」も、ミラマー地区の住宅街の一角にある。こちらで映像や展示などが見られるが、さらにディープに知りたいならば、各種あるスタジオツアーに参加しよう。

『ホビット 思いがけない冒険』で、なぞなぞ対決をしたゴクリの目線でウェタ・ケーブ内を見る。

 今回参加したスタジオツアーは“アン・イブニング・ウィズ・ウェタ&ココ”(145NZドル)。

 関係者オンリーのスタジオへ案内され、映画『第9地区』で使われた銃の製造工程の説明を聞いたり、重そうに見えて軽い鎖かたびらに触れたり、作業中のクリエイターの様子を見学したり。ファンにはまさに垂涎の内容だ。

スタジオ内でクリエイターが説明をしてくれるウェタのVIPツアー。

 スタジオ見学後は、ミラマー地区内の映画館に併設されたレストラン「ココ・アット・ザ・ロキシー」で、コースディナーを堪能。ウェタの作品に出演している俳優の写真で埋め尽くされた壁や、劇中で使われた小物や道具の展示もみどころだ。

Weta Workshop
(ウェタ・ワークショップ)

所在地 1 Weka St., Miramar, Wellington
電話番号 04-909-4100
料金 スタジオツアー25NZドル~
http://wetaworkshop.com/visit-us/workshop-tours/

<次のページ> クリエイターたちが構築した世界観にひたる

2017.09.29(金)
文・撮影=古関千恵子