アホウドリが広げた翼の全長は約3メートル!

オタゴ半島の先端、タイアロア岬へ向かうクルーズ船。(C) Monarch Wildlife Cruises and Tours

 ダニーデンは火山活動によって、渓谷に海水が入り込んで湾となり、22キロ続くオタゴ半島と、その付け根に市街地が形成された地形になっています。

岬の岩場にニュージーランドアシカの親子を見かけることも。(C) Monarch Wildlife Cruises and Tours

 ダニーデンの中心地から車で約45分、オタゴ半島のウェラーズロックの波止場へ。M.V.モナーク号に乗船し、タイアロア岬へ向かうと、岩場にはお昼寝しているニュージーランドアシカや、海鳥たちの巨大コロニーが。

優雅に空を舞うノーザン・ロイヤル・アルバトロス。翼を広げると3メートルもの長さ!(C) Monarch Wildlife Cruises and Tours

 空を仰げば、翼の幅が3メートルもあるグライダーのようなノーザン・ロイヤル・アルバトロス(キタシロアホウドリ)の姿も! 人が暮らす陸地にアルバトロスが営巣するのは、世界でもここだけだそう。

Monarch Wildlife Cruises & Tours
(モナーク・ワイルドライフ・クルーズ&ツアーズ)

URL http://www.wildlife.co.nz/

<次のページ> 間近で見るペンギンの姿は悶絶モノ!

2016.01.30(土)
文・撮影=古関千恵子