こだわりがいっぱいのパンがずらり!

 一番の人気商品は、パン・オ・レと呼ぶ菓子パン生地で作る「こだわりのクリームパン」。バニラビーンズをたっぷり入れて、ていねいに炊いたカスタードクリームは、コクがあってリッチな味わい。ふんわり優しい生地とのバランスが絶妙で、一度食べたら忘れられなくなるおいしさです。

上から時計まわりに「メロンパン」150円、「カレーパン」170円、「こだわりのクリームパン」170円、「求肥あんぱん」180円。

 子供達に人気の「メロンパン」は、中はふんわり、外側のクッキー生地はサクサク。ほんのりした甘さで、おやつにぴったり。

 「カレーパン」は、まろやかでいて、後口がスパイシー。クセになる味わいです。ボリュームもしっかり。

 「求肥あんぱん」も人気のある一品。粒あんと求肥のもっちりした食感が楽しめます。日本茶で味わいたいおやつパン。

左上から時計回りに「くるみロール」110円、「抹茶とホワイトチョコ」150円、「チーズ ON チーズ」170円、「三種のレーズンバンズ」160円。

 「三種のレーズンバンズ」や「抹茶とホワイトチョコ」、「チーズ ON チーズ」、「くるみロール」は、さっくりした歯触りのふんわり優しく軽い生地。レーズンの甘さや抹茶のほろ苦さとチョコの甘み、チーズのコクと風味、クルミの食感と香ばしさなど、それぞれのおいしさが際立ちます。

手前から「発酵バタークロワッサン」190円、「いちじくのデニッシュ」300円(期間限定)。

 「発酵バタークロワッサン」は、パラパラこぼれずに食べやすい。口の中に発酵バターの豊かな香りが広がります。

 「季節のデニッシュ」は、果物と自家製のカスタードクリームのおいしさを一緒に味わえます。季節のフレッシュなイチジクを白ワインでコンポートしたり、紅玉リンゴをジャムにしたり。ブルーベリーは生だけでなくハチミツに漬けたものを混ぜ、マスカルポーネチーズと合わせて使うのだそう。ティータイムに優雅に味わうケーキのような、贅沢な逸品です。

「紅玉りんごのデニッシュ」310円(期間限定)。
「バゲット」260円。

 ハード系のパンでは、ライ麦を30パーセント入れたライ麦パンが秀逸。イーストを使わず、ライ麦粉と小麦粉を合わせて種を起こし、生地を作っています。サワー種の生地のような酸味が少なくて、とても食べやすい。噛む程にライ麦の風味が広がります。加藤さんはさらに食べやすくと、レーズンを入れたり、チョコチップとオレンジピールを入れたりと、様々に工夫しています。

 3種の小麦粉をブレンドしている「バゲット」は、外はパリッ、中はしっとり。沖縄産の塩・しままあすの塩味がきいています。バゲットだけを買いに来る客もいるのだそう。

<次のページ> 野菜を使ったパンもバラエティ豊富

2015.11.22(日)
文・撮影=そおだよおこ