この記事の連載

 躍進する王都バンコクを“自分スタイル”で楽しみ尽くしたいなら、ポイントとなるのがホテル選び。王道の老舗から話題の最新ホテルまで、今の気分にあった一軒をセレクトしたい。

 “私だけのバンコク”を実現するホテル選びにおすすのホテル6軒を6回にわたりご紹介。


絶景を独り占めする都心のモダンなホテル

◆Centara Grand at CentralWorld(センタラ グランド アット セントラルワールド)

 クルンテープ(天使の都)―。バンコクの人々は、18世紀に付けられたとてつもなく長い正式地名の冒頭の言葉をとって、この街をそう呼ぶ。

 大都会に変貌した現代、天使のごとく私たちを天空へと導くのは、モダンな高層ホテルだ。

 中心部にある55階建てのこちらのホテルは、13カ国以上で展開するセンタラ ホテルズ&リゾーツのフラッグシップ。客室やレストラン、プールなど、そのどれもが空に近い。

 滞在を贅沢にするのが、ワールドクラブフロア以上のゲストが利用できる51階のクラブラウンジだ。オープンは朝食から夜のオードブルまで。

 ビルの屋上にあるヘリポートを眼下に眺めながら朝シャンパン、そんな映画のようなシーンも、ここなら体験可能だ。

 なにより、このホテルの名を世に知らしめているのは、最上階のルーフトップバー「レッドスカイ」だろう。

 ガラス一枚で隔てられたその向こうには、美しいサンセットや煌めく夜景。天空にいる優越感は、ここを訪れた人だけの特権だ。

「センタラ グランド アット セントラルワールド」の全ての画像を見る

Centara Grand at CentralWorld(センタラ グランド アット セントラルワールド)

所在地 999/99 Rama 1 Rd, Pathumwan, Bangkok
電話番号 0 2100 1234
客室数 509室
料金(1室) 6,290タイバーツ~
https://www.centarahotelsresorts.com/

← この連載のはじめから読む

Column

CREA Traveller

文藝春秋が発行するラグジュアリートラベルマガジン「CREA Traveller」の公式サイト。国内外の憧れのデスティネーションの魅力と、ハイクオリティな旅の情報をお届けします。

2023.06.22(木)
文=芹澤和美
撮影=志水 隆
構成=矢野詔次郎

CREA Traveller 2023 vol.2
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

CREA Traveller 2023 vol.2

究極のウェルネスを求めて 目醒めのタイ

特別定価1,500円 (税込)

「CREA Traveller」2023 vol.2の特集は、「目醒めのタイ」。