この記事の連載

 フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。今日は、花を飾ってみませんか?

» 別日の花の記事をチェック!


6月16日の花はセダム

 セダムというと、インテリアなどでも大活躍のぷにぷにとした多肉植物を思い浮かべる方が多いかと思いますが、花屋さんには切り花のセダムも並んでいます。

 切り花のセダムは茎が長く高さがあり、ちょうど細長いブロッコリーのような姿をしています。

 プロのフラワーアレンジメントにはおしゃれな葉物のグリーンが欠かせません。花を買ってきて飾ってもいまいち様にならない、綺麗なアレンジメントにならないという方は、グリーンを見直してみてください。

 セダムをセレクトすると、ぐっとプロのセンスに近づきます。これからの時期、夏から秋にかけては、イラスト右側のような小さな花が咲いた状態のものも出回ります。

【セダムの花言葉】私を想ってください、星のかがやき、静寂、枯れることのない愛、記憶
【セダムが誕生花の人】8月1日、9月5日、10月13日、11月22日、12月11日生まれ

#CREAの公式YouTubeチャンネルで、花イラストのメイキング動画を随時公開中!

佐藤俊輔(さとう しゅんすけ)

フラワーデザイナー。大手百貨店退社後、花の世界へ。2014年モナコ国際親善作品展国内選考会で特別賞を受賞。'17年「女性自身」(光文社)、’19年日本最大級の花材通販「はなどんやアソシエ」にて季節のアレンジメントを連載。’20年から、CREA WEBにて「Playful Flower Life!」連載中。

次の話を読む【6月17日の花】セシルグリーン 可憐な一重咲きのリシアンサス

← この連載のはじめから読む

Column

今日、花を飾るなら。
ブルームカレンダー

フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。花にまつわるトピックスや飾り方などもあわせて紹介します。今日は、花を飾ってみませんか?

 

2023.06.16(金)
文=佐藤俊輔
イラスト=佐藤弘昌