この記事の連載

 フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。今日は、花を飾ってみませんか?

» 別日の花の記事をチェック!


6月17日の花はリシアンサス「セシルグリーン」

 日本ではトルコキキョウと呼ばれていますが、アメリカ原産のリンドウ科の植物で、トルコともキキョウとも関係がないため、最近は英名のリシアンサスが使われることが多くなってきました。

 第二次世界大戦の混乱で世界各国のリシアンサスの品種改良技術が途絶える中、日本では、奇跡的にほそぼそと技術が受け継がれてきました。

 現在では世界一のリシアンサス大国になっています。こんなに沢山の種類のリシアンサスに囲まれているのは世界で日本だけと思うと花選びもますます楽しくなります。

 可憐な一重咲きの品種「セシルグリーン」、思い切って個性的な花器に合わせてみて。

【リシアンサスの花言葉】すがすがしい美しさ、希望、永遠の愛、花嫁の感傷、感謝
【リシアンサスが誕生花の人】6月28日、7月12日、7月20日生まれ

#CREAの公式YouTubeチャンネルで、花イラストのメイキング動画を随時公開中!

佐藤俊輔(さとう しゅんすけ)

フラワーデザイナー。大手百貨店退社後、花の世界へ。2014年モナコ国際親善作品展国内選考会で特別賞を受賞。'17年「女性自身」(光文社)、’19年日本最大級の花材通販「はなどんやアソシエ」にて季節のアレンジメントを連載。’20年から、CREA WEBにて「Playful Flower Life!」連載開始。

次の話を読む【6月18日の花】ヒメユリ 華奢な花姿のユリを和風の一輪挿しに

← この連載のはじめから読む

Column

今日、花を飾るなら。
ブルームカレンダー

フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。花にまつわるトピックスや飾り方などもあわせて紹介します。今日は、花を飾ってみませんか?

 

2023.06.17(土)
文=佐藤俊輔
イラスト=佐藤弘昌