この記事の連載

 フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。今日は、花を飾ってみませんか?

» 別日の花の記事をチェック!


5月6日の花は「ビバーナムティヌス」

 ビバーナムティヌスは別名トキワガマズミと呼ばれ、一年中緑の葉をつけている常緑の低木で、庭木や生垣などでよく見かけます。

 ちょうど今頃の時季は、あじさいを小さくしたような手毬状の花をつけ、甘い香りを漂わせ、夏の終わりから秋にかけてはブルーベリーを小さくしたような濃い紫色の実を上向きにつけます。

 実には独特の光沢があり、宝石のような高級感があるのが特徴。

 切り花として花を楽しんだり、実を楽しんだり、葉をグリーンとして利用したりと季節によって色々な活躍をみせます。

 同じビバーナムの仲間で、赤や黄色の艶やかな実をたわわにつける「ビバーナムコンパクタ」という品種もあります。

 また2月9日の花として紹介したスノーボールも同じ仲間で、「ビバーナム・オプルス」という名前で花屋さんに並ぶことも。

 ビバーナムだと混同しやすいので、別名の「トキワガマズミ」で探すとティヌスを見つけやすいかもしれません。

【ビバーナムティヌスの花言葉】茶目っ気、誓い、落胆、私を見て
【ビバーナムティヌスが誕生花の人】1月23日、5月20日、7月27日生まれ

#CREAの公式YouTubeチャンネルで、花イラストのメイキング動画を随時公開中!

佐藤俊輔(さとう しゅんすけ)

フラワーデザイナー。大手百貨店退社後、花の世界へ。2014年モナコ国際親善作品展国内選考会で特別賞を受賞。'17年「女性自身」(光文社)、’19年日本最大級の花材通販「はなどんやアソシエ」にて季節のアレンジメントを連載。’20年から、CREA WEBにて「Playful Flower Life!」連載中。

次の話を読む【5月7日の花】スモークツリー ふわふわの煙のような姿で可愛い!

← この連載のはじめから読む

Column

今日、花を飾るなら。
ブルームカレンダー

フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。花にまつわるトピックスや飾り方などもあわせて紹介します。今日は、花を飾ってみませんか?

 

2023.05.06(土)
文=佐藤俊輔
イラスト=佐藤弘昌