この記事の連載

 フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。今日は、花を飾ってみませんか?

» 別日の花の記事をチェック!


12月30日の花はバラ「アブラカダブラ」

 「アブラカダブラ」は、手品ショーの定番の呪文として、また『ハリー・ポッター』シリーズでは死の呪文として登場する魔法の言葉。

 2世紀にはすでに登場し世界中で使われている言葉ですが、語源はいまだに不明という謎めいたものです。

 そんなミステリアスな名前を持つバラの品種が「アブラカダブラ」です。

 濃いワインレッドに黄色い絞り模様が入った奇想天外なカラーは一度見たら忘れられません。

 花びらの形は剣弁高芯咲きで、名前の通り剣のように花びらの先が尖っていて、花の中心が高く盛り上がっています。

 「これぞ、バラ」といった形をしていますが、意外にもこの剣弁高芯咲きのバラが生まれたのは19世紀に入ってから。

 バラ栽培の歴史は紀元前500年頃まで遡れるといいますから、時代ごとにトレンドを作ってきたバラの奥深さを感じます。

 オーソドックスなスタイルに、型破りなカラーが組み合わさったアブラカダブラは、21世紀的なバラといえのかもしれません。

 マーブル模様を活かして円錐形のグラスに生ければ、コーンに添えられたジェラートのようなアレンジになります。トリプルになっていると嬉しさも3倍ですね。

【バラの花言葉】あなたを愛します、私を射止めて、内気な恥ずかしさ、無邪気、爽やか
【バラが誕生花の人】1月16日、3月25日、4月11日、9月26日、12月25日生まれ

#CREAの公式YouTubeチャンネルで、花イラストのメイキング動画を随時公開中!

佐藤俊輔(さとう しゅんすけ)

フラワーデザイナー。大手百貨店退社後、花の世界へ。2014年モナコ国際親善作品展国内選考会で特別賞を受賞。'17年「女性自身」(光文社)、’19年日本最大級の花材通販「はなどんやアソシエ」にて季節のアレンジメントを連載。’20年から、CREA WEBにて「Playful Flower Life!」連載中。

次の話を読む【12月31日の花】ハボタン ミニキャベツのような日本生まれの花

← この連載のはじめから読む

Column

今日、花を飾るなら。
ブルームカレンダー

フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。花にまつわるトピックスや飾り方などもあわせて紹介します。今日は、花を飾ってみませんか?

 

2022.12.30(金)
文=佐藤俊輔
イラスト=佐藤弘昌