相乗効果でパンはもっと楽しくなる!

 ブレッドギーク(パンおたく)・池田浩明さんの心を動かした“コラボ”が必見のパン屋さんを訪ねました。


パン〈ル・シュクレクール〉
フレンチ〈レフェルヴェソンス〉
コーヒー〈FUGLEN TOKYO〉

レストラン店内とテラスでは、季節替わりのはちみつのオープンサンドのほか、パンに合う本格的な料理が楽しめる。 手前から北海道大沼和牛ロースの炭火焼き 3,800円、カプチーノ 430円、 ブリコラージュブレッド 300円。
はちみつのオープンサンド 1,300円。

 それぞれの分野のプロからも支持される3店がコラボ。

 国産小麦のパンが並ぶカウンター、コーヒースタンド、オープンサンドなどが揃うレストランからなる。

約30種揃うパンすべてに全粒粉を使用。

「このコラボ自体がすごいですが、国産の身近な食材でおいしいものをつくることにも積極的。日本の生産者ともコラボしようとの強い思いを感じます」

店内にはパンを手軽にイートインできるスペースも。

bricolage bread & co.
(ブリコラージュ ブレッド & カンパニー)

所在地 東京都港区六本木6-15-1 六本木けやき坂テラス1F
電話番号 03-6804-3350
営業時間 8:00~21:00
定休日 月曜(祝日の場合は営業)
席数 52席(うちテラス席26席

●教えてくれたのは……
池田浩明(いけだひろあき)さん

パンの研究所「パンラボ」主宰。ブレッドギーク(パンオタク)。ワークショップやイベントを開催。パン職人と小麦生産者をつなぐ。きっかけパン……ヤマザキのあんぱん、ドンクのバゲット、ポンパドウルのブリオッシュ。

※価格はすべて税込表記です。

パンを存分に楽しめるパン屋さん
パンおたくな私がご案内します

2019.11.05(火)
Text=Mie Nakamura(JAM SESSION)
Photographs=Nanae Suzuki

CREA 2019年6月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

なんでこんなにパンが好き?

CREA 2019年6月号

おいしくて楽しくてみんなが夢中……でも
なんでこんなにパンが好き?

定価780円

毎日楽しめる、皆でシェアできる、そのままでも、調理してもおいしい、しあわせの香りがする……。パンってやっぱりいいですよね。それにしても、ブームが終わらず皆の心を掴んで離さないのはなぜ? そこで今回は、パンを愛する人たちに“好き”の理由を伺い、旬のトピックスを徹底調査。保存版のパンガイドができました。