この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、しらいさん。

※本記事は、再公開したものです(初出:2022年10月20日)

» きのうのレシピ「きのこと温玉のっけうどん」


vol.98 味噌ミートソースのっけパスタ

味噌ミートソースのっけパスタ。
味噌ミートソースのっけパスタ。

 ミートソースはちゃんと作ると結構大変ですが、私のミートソースはとっても簡単。調味料は味噌だけ(こしょうも少し入りますが……)。

 実はトマトと味噌は好相性。このミートソース、ラザニアとかにも使えます。カレー粉を入れたらキーマカレーになるし。味噌が入っているのでもちろんごはんにも合います。さすが日本のソウル調味料!

■材料(1~2人分)

・パスタ(乾):100g ※好きなだけ
・合い挽き肉:100g
・にんにくみじん:1/2片
・玉ねぎみじん:1/4個 100g
・小麦粉:大さじ1/2
・トマト水煮缶(ダイス):100g
・味噌:大さじ1
・こしょう:少々
・乾燥パセリ(あれば):少々

■作り方

(1) フライパンに合い挽き肉を入れて中火で熱する。挽き肉から脂が出てきたら、玉ねぎ、にんにくを入れ、小麦粉をふりかけて炒める。

(2) 玉ねぎの色が変わったら、トマト水煮、味噌を入れ、全体をなじませる。

(3) パスタは袋の表示通り茹で、(2)をのせて食べる。

 きょうはイタリアの極太パスタpici(ピチ)を使いました。なんと茹で時間22分!!! ゆであがった麺の姿をみて、相方ジュンイチが「……ソフト麺はもしやこれにインスパイアされたのでは?」と呟いてました。食感、全然違いますけど……。

ピチ 500g 1,242円/アンティコ・パスティフィーチョ・モレッリ
ピチ 500g 1,242円/アンティコ・パスティフィーチョ・モレッリ

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

「暮らしと食」がテーマのフードライター。日本各地のローカルフードに詳しい。著書に『自炊力』(光文社新書)など。オレンジページやメトロミニッツなどでコラム連載中。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

» 連載「のっけて、食べる」レシピ一覧

次の話を読む【からだが喜ぶおかゆレシピ】 あさり佃煮のっけがゆ 優しいおいしさがじんわり胃に広がる

← この連載のはじめから読む

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.10.20(金)
文・撮影=しらいのりこ
イラスト=二村大輔