日本のマンションや一軒家は、とかく間取りが画一的になりがち。

 そこに実用性だけで選んだ家具を置くと楽しみが増えづらい……。

 雰囲気をガラリと変えてくれる“相棒家具”選びのコツをライフスタイルショップ「CIBONE」に教えてもらいました。


思い込みを捨ててみる

 知らず知らずのうちに、この家具はこう置いてこう使うべき、このアイテムはこの素材を選ぶべき、と思い込んでしまいがち。

「マンネリを打開したいなら、そういう固定観念を捨てることが一番。固い頭をやわらかくしてくれるアイテムをたった一つ取り入れるだけでも部屋の雰囲気は変わります」

叢 (くさむら)

◆kekkai

 日当たりが悪いと育たないと思いがちのグリーン。

「このライト内蔵のフレームの中でなら、しっかり成長してくれます。広島の植物店によるもので、世界中を旅して集めた個性的な植物と一緒に取り入れてみてください」

EO (イーオー)

◆BALLOON MIRROR

 鏡は四角や丸である必要は全くなし。

「バルーン型は、ただ壁にかけてあるだけでかわいらしさを演出してくれます。鏡としてだけではなく、オブジェとしていくつか飾るのもいいですね。壁の使い方や見え方が変わってくるはずです」

WIENER TIMES (ウィナータイムス)

◆BOLSTER PLACID ROVER DENIM

 オーストリアのブランドによる大きな手の形をしたクッション。

「クッションだって丸や四角でなければいけないなんてルールはありません。大胆なデザインだから、ベッドに置くだけでアクセントになります」

2022.04.25(月)
Text=Kaori Hareyama
Photographs=Hirofumi Kamaya

CREA 2022年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

あたらしい暮らし 楽しい暮らし

CREA 2022年春号


あたらしい暮らし 楽しい暮らし

特別定価880円

「CREA」2022年春号の特集は、「あたらしい暮らし 楽しい暮らし」。激動する時代の中“楽しい暮らしの正解”はなくて、きっとそれは百人百様。でも人生100年時代となり、キャリアがマルチステージ化していくと言われる世界を、自分らしく楽しむためには、自分の中に「種」を持っていたい。今すぐじゃなくても、ちょっと先の未来に芽が出るような、小さくても、強い種を――。