この記事の連載

 フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。今日は、花を飾ってみませんか?

» 別日の花の記事をチェック!


3月8日の花は「ミモザ」

 1908年ニューヨークで参政権のない女性労働者がデモを起こしたことがきっかけとなって、3月8日が国際女性デーとなりました。

 この記念日は後に大きなうねりとなります。1917年ロシアの二月革命では3月8日に女性労働者が中心となりデモを起こし、帝政を崩壊に導きました。

 自由と平等を求める女性達が世界を変えたこの日、イタリアではちょうどミモザの花の咲くころで、いつしかミモザは国際女性デーのシンボルとなり、3月8日はミモザの日となりました。

 イタリアでは男性が女性に敬意をこめてミモザの花を贈り、女性は日ごろの仕事や家事をお休みし、レストランで女子会を楽しむといいます。

 母の日にはカーネーションを、バレンタインにはバラを、サンジョルディの日にバラを、女性デーにはミモザを贈る世界のスタンダードが、日本にも早くやってくるといいですね。

 さて、ミモザといえばカクテルのミモザも忘れてはいけません。

 シャンパンにオレンジジュースを入れてステアするだけの簡単なレシピですので、ぜひ自宅で、泡がはじけるミモザカラーのお酒を楽しみましょう。

 空いたボトルにはミモザを飾ることをお忘れなく。

【ミモザの花言葉】優雅、友情、秘密の愛、純潔な恋、愛情
【ミモザが誕生花の人】2月14日、2月26日、3月17日、4月9日、4月27日生まれ

#CREAの公式YouTubeチャンネルで、花イラストのメイキング動画を随時公開中!

佐藤俊輔(さとう しゅんすけ)

フラワーデザイナー。大手百貨店退社後、花の世界へ。2014年モナコ国際親善作品展国内選考会で特別賞を受賞。'17年「女性自身」(光文社)、’19年日本最大級の花材通販「はなどんやアソシエ」にて季節のアレンジメントを連載。’20年から、CREA WEBにて「Playful Flower Life!」連載中。

次の話を読む【3月9日の花】エリス 光沢ある花びらが美しい生きた芸術品

← この連載のはじめから読む

Column

今日、花を飾るなら。
ブルームカレンダー

フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。花にまつわるトピックスや飾り方などもあわせて紹介します。今日は、花を飾ってみませんか?

 

2023.03.08(水)
文=佐藤俊輔
イラスト=佐藤弘昌