この記事の連載

 フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。今日は、花を飾ってみませんか?

» 別日の花の記事をチェック!


3月7日の花は「ネモフィラ」

 5枚のつぶらな花びらと爽やかなブルーが特徴のネモフィラ。

 茨城県の国営ひたち海浜公園のみはらしの丘には約500万本ものネモフィラが植えられ、空と海とネモフィラが一体化した青一色の絶景が話題を呼んでいます。

 立川の国営昭和記念公園もそうですが、首都圏にある国営公園はかつて軍用飛行場だった場所に位置していることが多く、ひたち海浜公園もかつてはそうでした。

 80年前の航空士官は、自身が飛び立った後の滑走路が青い花でいっぱいになることが想像できたでしょうか。

 そんな空との繋がりが強いネモフィラですが、鉢物として今くらいの時期からホームセンターなどに並び始めますので、自宅で育ててみるのもよいでしょう。

 花が咲いたら切り花として飾りましょう。

 小さなサイズのネモフィラを、エッセンシャルオイルの空き瓶などに飾ればミニチュアのような世界観が楽しめます。

【ネモフィラの花言葉】どこでも成功、常なる成功、清々しい心、可憐、私はあなたを許す
【ネモフィラが誕生花の人】2月21日、3月2日、4月24日、4月30日、5月2日生まれ

#CREAの公式YouTubeチャンネルで、花イラストのメイキング動画を随時公開中!

佐藤俊輔(さとう しゅんすけ)

フラワーデザイナー。大手百貨店退社後、花の世界へ。2014年モナコ国際親善作品展国内選考会で特別賞を受賞。'17年「女性自身」(光文社)、’19年日本最大級の花材通販「はなどんやアソシエ」にて季節のアレンジメントを連載。’20年から、CREA WEBにて「Playful Flower Life!」連載中。

次の話を読む【3月8日の花(国際女性デー)】ミモザ 春を告げる花をボトルに生けよう

← この連載のはじめから読む

Column

今日、花を飾るなら。
ブルームカレンダー

フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。花にまつわるトピックスや飾り方などもあわせて紹介します。今日は、花を飾ってみませんか?

 

2023.03.07(火)
文=佐藤俊輔
イラスト=佐藤弘昌