この記事の連載

 フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。今日は、花を飾ってみませんか?

» 別日の花の記事をチェック!


3月9日の花はラナンキュラス「エリス」

 これまでも様々な種類のラナンキュラスを紹介してきましたが、最近人気が爆発し、代表的なラナンキュラスシリーズの1つになりつつあるのが、ラックスシリーズです。

 ラックスとはラナンキュラスとワックスを組み合わせた言葉で、その名前の通り、花びらに光沢があります。

 その輝きはワックスというよりも上質な絹織物を眺めているようです。

 咲き方は一重咲きから半八重咲きくらいで、一枚一枚の花びらの美しさが際立ち、まさに生きた芸術品と言えます。

 品種名はギリシャ神話に由来するものが多く、今回ご紹介するサーモンピンクの品種「エリス」も例外ではありません。

 ギリシア神話には、神々の宴に招かれなかった腹いせに「最も美しい女神に」と書いた金色のリンゴを会場に投げ入れ、三女神を争わせた「パリスの審判」という一挿話があり、エリスはそのパリスの審判を引き起こした人物です。

 『眠れる森の美女』のマレフィセントのようなダークで美しい雰囲気の花器に生けてみましょう。

【ラナンキュラスの花言葉】華やかな魅力、美しい人格、名誉、あなたは魅力に満ちている、あなたの魅力に目を奪われる
【ラナンキュラスが誕生花の人】1月20日、1月30日、2月18日、3月20日、6月10日生まれ

#CREAの公式YouTubeチャンネルで、花イラストのメイキング動画を随時公開中!

佐藤俊輔(さとう しゅんすけ)

フラワーデザイナー。大手百貨店退社後、花の世界へ。2014年モナコ国際親善作品展国内選考会で特別賞を受賞。'17年「女性自身」(光文社)、’19年日本最大級の花材通販「はなどんやアソシエ」にて季節のアレンジメントを連載。’20年から、CREA WEBにて「Playful Flower Life!」連載中。

次の話を読む【3月10日の花】ジョンキルスイセン スイセンのなかで最も香りの強い品種

← この連載のはじめから読む

Column

今日、花を飾るなら。
ブルームカレンダー

フラワーデザイナーの佐藤俊輔さんが一日一花、暮らしが華やぎ、活力をもらえるおすすめの花をナビゲート。花にまつわるトピックスや飾り方などもあわせて紹介します。今日は、花を飾ってみませんか?

 

2023.03.09(木)
文=佐藤俊輔
イラスト=佐藤弘昌