◆ 茶房 武蔵野文庫

文学の薫り漂う店内にレモンの黄色が映える

 お店の名前からもわかるように本とのつながりは深く、もともとは早稲田大学の近くに住んでいたご夫妻が自宅の本棚を図書館のように開放した「茶房 早稲田文庫」が始まり。

 そこで働いていた日下茂さんが独立して吉祥寺にオープンさせたのがこのお店。濃い黄色が鮮やかなレモンのクリームソーダは1985年の開店当初からある定番のメニュー。かき氷器で砕いた氷に炭酸水とレモンシロップを注ぎ入れ、グラスを陶器の小皿に載せて。アイスクリームはご贔屓の牛乳屋から取り寄せている。

手書きの短冊型メニューはいろんな人に書いてもらったそう。

 「クリームソーダ=緑色のメロンソーダというのは思い込み。うちではアイスコーヒーもグラスではなく陶器で出します。何でも“普通”はつまらない」と言う日下さんのポリシーが光っている。

左:30年前から変わらない内装は木のぬくもりが落ち着く。
右:「長居されすぎると困っちゃう!」と言う日下さんだが居心地のよさは抜群。

● クリームソーダを飲みながら読みたい本

『君がいない夜のごはん』

歌人の著者による「食べもの」にまつわるエッセイ集。食を通して見える生き様と人生観は可笑しくて、ちょっとほろ苦くて、優しい。

穂村 弘 NHK出版 1,400円
» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

nanba's ここがいい!
静かに過ごすことができて家庭的な雰囲気もよいです。喫茶店で一人食事をするときにこの本のタイトルをよく思い出すので、珈琲ではなくあえてクリームソーダを注文するという、一人ゆえの自由と贅沢を嚙み締めたいです。

茶房 武蔵野文庫
所在地 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-4
電話番号 0422-22-9107
営業時間 9:30~22:00
定休日 月曜
クリームソーダ 700円

● 今回お話を伺ったのは・・・

難波里奈(なんばりな)さん
東京喫茶店研究所二代目所長。純喫茶をこよなく愛し日本全国を訪ね歩く『純喫茶コレクション』(PARCO出版)の著者。二冊目となるさらにディープな集大成『純喫茶へ、1000軒』(アスペクト)も発売中。

2015.08.22(土)
text=Chisato Nasu
photographs=Tamon Matsuzono

CREA 2015年9月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

本とおでかけ。

CREA 2015年9月号

街へ公園へ、空想の世界へ
本とおでかけ。

定価780円